【睦月くんの過去】

今日は睦月君について不思議なお話を聞きました。音譜



その方のお話では二年前の7月4日の朝に自宅のベランダで野良猫が子猫を出産し、

その中でも未熟児で毛も生えていなかった子猫にミルクをあげ、その後もベランダに現れる親猫に咥えられて移動する姿をよく見ていたそうです。

そして悪い人にいじめられないように、子猫に首輪をつけて地域猫として可愛がっていたが、そのうち姿が見えなくなってしまった。

その時の子に睦月君がそっくりなんですと言われ写真を見るとおでこの模様、背中の模様もそっくり!

保護された時期や場所、年齢もぴったり!

下の三枚はお客様から頂いた子猫の写真です。
{4FA509D0-2421-48D7-B747-D127C3DFB15E}

その方は事情があり猫を飼うことはできないそうですが、この子が生まれた時の事や可愛がっていた様子を事細か記憶していて、お話してくださいました。
{F0C0F642-5749-482C-A77C-C7A54B59A16A}

{00BC2770-B719-44BE-8EA6-C516E68470BB}

もしかしたら、ベランダで生まれたこの子が今の睦月君かもしれません。

もしかしたら違うかもしれません。


どちらにせよ、今年の一月に保護された睦月君も、来月で保護されて一年になります。


どうか、シェルターで一年目を迎えずに卒業して幸せになりますように。


カフェ店長岡田