スラダン バスケエリート松本5 | 「スラムダンクを制する者は人生を制する」が持論のアニえもん日記

「スラムダンクを制する者は人生を制する」が持論のアニえもん日記

アニえもんです。この度独立しますので、こちらもご覧下さい(^^)ツイッター @ootsuka1seitai
インスタグラムootsuka_seitai93です!


テーマ:

5、ミス

そして、致命的なミスをします。

三井が「もう腕が上がらない」とポツリと一言。

これを本当に信じて3Pを打たれてしまいます。

三井のこの発言の意図は流川には伝わっていました・・・

流川は三井を信じ、パス!見事3Pを演出しました。

 

完全に松本は、三井の術中にはまってしまいました。

三井は体力が限界なのを逆手にとって松本を心理面で翻弄していたのです。

 

そして、最大のミス・・・

 

ラスト49.1秒・・・その時が訪れました。

桜木が沢北をブロックし宮城と流川が起死回生の速攻!!

 

その時・・・三井にパスが!!

 

必死に止めにかかる松本。

それを逆手に取ってフェイクを1つ入れバスカンを狙う三井。

結果はバスケットカウントワンスロー。4点プレーです。この試合最大の見せ場での失態。

ついに、1点差にされてしまった山王工業。

 

これまで、三井に3Pを何本も決められてしまっていた松本は気負いもありいつもの冷静なプレーや判断が出来ていなかったのです。

 

本当に勝負は実力も重要ですが、”冷静さ”を欠き”迷い”がある方が負けてしまうんだなと松本を見てつくづく思いました。

 

三井のように実力で劣っていても、色んな戦い方もあることも、この2人の対決を見て感じました。

 

アニえもんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス