No.141 ゆずちゃん 黒白♀ スポンサー様募集 | 社)アニマルエイド 猫の履歴書

社)アニマルエイド 猫の履歴書

社) アニマルエイドは、地元埼玉で捨てられた猫、センターに持ち込まれた猫、そして福島の原発事故により警戒区域
の20㌔圏内に取り残された猫たちを保護収容し、里親様を探しています。このサイトでは、里親様募集中の猫たちの
身の上を知ることが出来ます。


テーマ:

☆ゆずちゃんの応援団を結成します。詳しくはコチラ

 

☆スポンサー様を募集します。

シェルターには、健康な猫たちに混じり、病気治療中の猫も多数存在しています。
彼らを支え、病気であっても健康な猫たちと同じように、最終的には一般のご家庭で暮らすことを目的としています。ぜひ彼らのスポンサーになっていただき、病気の猫たちの味方になってください !

ゆずちゃんは水頭症です。引き続き通院が必須となりますので、スポンサー様を募集致します。水頭症の一般的な説明:脳や脊髄付近を循環している脳脊髄液が、何らかの理由で増加し、脳を圧迫しています。猫では稀で、遺伝性か、あるいは脳の病気で後天的に発症することもあります。根治は難しく、むしろ症状を軽減するために、利尿剤や副腎皮質ホルモンの投与をします。

現在、ゆずちゃんのスポンサー様に4名の方がお名乗り下さっています。また、アニマルエイド全猫の医療費をご支援下さる方が29名いらっしゃいます、誠に有難うございます。

 

 

 

保護地 群馬県伊勢崎市より仔猫を緊急保護。

保護 2018年7月21日。保護時推定月齢1ヶ月。

保護時の写真

​​​​​

 

 

★随時写真を追加していきます。

★ゆずちゃんのデータはページ末尾にございます。新情報が入り次第加筆します。

お問合せ:事務局 電話048-726-1334(午前10時から午後6時頃まで)

 

里親様募集しています。

「生きることの意味、今を大切にすること。ゆずちゃんは私たちにたくさんのことを教えてくれています。ゆずちゃんを丸ごと受けとめて下さるご家族様を大募集しています。どうか、里親様のご検討をよろしくお願い申し上げます!」shelter長

 

8月19日、「今日のゆずちゃん:エア全力疾走。

昨日から暑さも和らぎ、過ごしやすい日でしたね。ゆずちゃんは毛布にくるまって、いつもよりぐっすりです。」

同、ゆずちゃんの動画でました:全力疾走?詳しくはコチラ

 

8月18日、ゆずちゃんの動画でました。「今日のゆずちゃん:今日という日に感謝。」ゆずちゃん元気になりました。お食事風景です。詳しくはコチラ

 

8月16日、ゆずちゃんの動画でました。「今日のゆずちゃん:少しずつ、少しずつ…。」昨日具合が悪かったようですが、快復に向かったようです、詳しくはコチラ

 

8月15日、「今日のゆずちゃん:嬉しい再会」空腹時体重440g。

「先日、ゆずちゃんの保護主様が遠方カフェに来てくださいました。ゆずちゃんの大きくなった姿、元気な姿を見て涙されていらっしゃいました。ずっとずっと抱っこしてくださり、ゆずちゃん、どんなに嬉しいかったことでしょう。」発症前のお話が出ています。詳しくはコチラ

同、「今日は主人の胸の上でゴロゴロ喉を鳴らしてとってもご機嫌でした、明日も元気なゆずちゃんでありますように。」同病の方からは2ヶ月頃自分で立った、とのお話も載っています。「ゆずちゃんはまだ1ヶ月ちょっと‼焦ってはいけないですね。2ヶ月までまだまだある‼」

 

8月12日、ゆずちゃんの動画でました。「今日のゆずちゃん」毛繕いの動画です。くわしくはコチラ

 

8月11日、ゆずちゃんの動画でました。「今日のゆずちゃん:優しい時間」お世話をホストファミリー様宅の猫さんに託してみました。詳しくはコチラ

 

8月10日、「今日のゆずちゃん:毎日毎日一生懸命ごはん食べて370gまで成長しました。

そして、今日とっても嬉しいことが、」詳しくはコチラ

 

8月9日、ゆずちゃんの動画でました:「今日のゆずちゃん:寝ていることが多かったゆずちゃんですが、今日は “ 起きたよ ”と教えてくれるかのように、「んくぅーんくぅー」と鳴いてキョロキョロしていました。おトイレを済ませすっきりすると、小さな声を出してコロコロ➰➰独り遊び。2日前にはなかったことです。

ゆっくりゆっくりですが、確実に成長しています。ほんとに小さい声なので、皆さんに届くといいのですが、耳を澄ませてゆずちゃんの声を聞いてあげてください。」

 

8月7日shelter長、「今日のゆずちゃん 〇〇に大勝利:またまた奇跡の頑張りをみせてくれました!

実は数日前に、下痢をしてしまい、病院で診察を受けました。お腹に回虫がいたそうです。」詳しくはコチラ

 

8月6日、ゆずちゃんの動画でました。

「五体満足な普通の子猫ちゃんと違ってまだ右側の自由が利かないゆずちゃん、お皿から食べるのは難しいので、私の手から補助をしながらですが、ごはんを一生懸命食べています。

(中略)ごはんを食べ終わり、自分の汚れた手を舐め舐めしていました、ちーゃんと自分で毛繕いしているんです。」詳しくはコチラ

 

8月5日、「ゆずちゃんのご報告頂きました:ゆずちゃんは今日も無事朝を迎えています。

ムースとリキッドをしっかり食べて、再び、朝と寝ている時に△をしていて、」

同、「毛布を取り替えている間にソファーに転がしていたら…、自分でお気に入りの場所を見つけたみたいです。クッションの力も借りてですが子猫らしくお座りしています。そして、数秒ですが、頭を持ち上げでキョロキョロ。」

同、「今のゆずちゃんは首の座っていない赤ちゃんと同じで、頭グラグラなのです。なので、自分で重い頭を支えてキョロキョロするってすごいことなんです。」

ゆずちゃんの動画でました。詳しくはコチラ

 

同日Ohnoさん、「スポンサー様募集:水頭症のゆじゅで~す!ゆじゅのアタマはお水がたっぷんたっぷんなんでしゅ。ときどきちっくんもされてましゅ。

でもがんばるでしゅ。いつかだっしゅしてパンチしてみんなといしょにあそぶでしゅ!それまではころころしてがんばるでしゅ!」

 

8月3日shelter長、「今日のゆずちゃん:ホストファミリー様のお宅へ

ゆっくりゆっくり成長中。しかし、毎日私と一緒にキャリーバッグに運ばれて移動、シェルターと私の自宅を往復する毎日は、ゆずちゃんにとってストレスを与えてしまう可能性があります。」

同、「そこで、ホストファミリーの高野様が、お仕事がお休みの週末、ゆずちゃんを預かって下さる事になりました。優しく愛情深いご家族の皆様のもとで、この週末はゆずちゃん、ほっとできるでしょう。」

同、ゆずちゃんの動画でました。「明日のご報告はお休みです。」

 

同日cafe店長、「ゆずちゃんに優しく寄り添うお兄ちゃん。」翠(すい)くんでした。

 

8月2日shelter長、「今日のゆずちゃん:歩くことはできませんが、とにかくよく動くようになってきました。頭をぶつけないよう、ソフトタイプのテントに毛布を敷いて、その中で転がったり、足を踏ん張ったり。きっとゆずちゃんも歩きたい、走りたいという気持ちが強いのでしょう。一歩踏み出しては転び、それでもけっしてあきらめる様子はありません。

現在体重330グラム、成長もゆっくりです。食事も介助が必要ですし、いつ体調が急変するかわかりません。どうかお願いします。頑張り屋のゆずちゃんを丸ごと受け止めて下さる里親様を探しています。」

 

8月1日shelter長、「今日のゆずちゃん、初めてのお留守番:今日のゆずちゃんの様子です。体調は安定していて、おしっこうんちもきれいにしてくれています。

今日は私がシェルターに行くのが短時間で済みそうだったので、思い切ってゆずを連れて行かず、お留守番してもらいました。」詳しくはコチラ

「ゆずちゃんのすべてを包み込んで愛して下さる家族は、どこかにいるはずです。決してあきらめずに、里親様を探します。」

 

7月31日shelter長、「今日のゆずちゃん、歩けた?:今日は一瞬ですが、歩いたと思います!

テントの中で遊んでいるゆずちゃんを連射で撮ったものですが、」

同、「前足を突っ張り、ふらつく後ろ足をふんばって、」

同、「左手を出して前へ…、」

同、「ヨロっとしたけど、ぐっと前に出て

同、「頭が重くてどすん。それならば、と岡田店長が歩行訓練として、こんなサポートを。」

同、「柔らかい猫じゃらしの布部分で脇の下をそっと持ち上げてあげてます。ゆずちゃんも手足を動かして、右、左!う~ん、むずかちいでちしゅ…。」

「今日はここまで、また明日頑張ろうね。

頑張り屋のゆずちゃん、里親様、お預かり様、スポンサー様を大募集しております。

食事も子猫用ムースを手から食べ、流動食のリキッドをシリンジで上手に飲めます。時間も5~6時間おき、1日3~4回で大丈夫になりました。

お預かりや里親様として迎えていただくのに、もちろん不安やためらいがない方はいないと思います。でも大丈夫です、私が全てサポートしますので、ご安心下さい。どうか一度、ゆずちゃんにお気軽に会いに来てください!」

 

7月30日shelter長、「今日のゆずちゃん:ゆずちゃん!今日は皆さんに告白しなきゃいけないことあるよね?」「え~?ゆじゅ、いいこでしゅよ~。」

同、「じゃあ、今日の午後何をしたか言ってごらん?」「ん~とお、ごはんたべて~、ころんころん遊びしてえ~、そしたらきもちよ~くなってえ~、う〇ちがいっぱいでまちた。

たのしくなっていっぱいころころちました。」

同、「おばちゃんにゆずちゃんなにしてるのお~あせるやめて~ってほめられまちた !! ごほうびに体をキレイキレイしてもらったら、も~っときもちよくなって、おばちゃんのエプロンにおちっこもいっぱいしました。」「…なんかもういいです、天真爛漫には勝てません。ゆずちゃん、動きがどんどん活発になってきてます。どうぞゆずちゃんへの応援をよろしくお願い申し上げます。」

 

7月29日shelter長、「今日のゆずちゃん:ゆずちゃんです。水頭症という脳の障害がありますが、今日も私と一緒にシェルターに出勤、ご機嫌で食べて飲んで、カフェで愛嬌を振りまいていました。」

同、「遊びたくなるとキャリーバッグの中で動いて頭をぶつけてしまうので、ソフトテントに毛布を敷いて、好きに動いてもらいました。」

同、「頭部が大きいせいで、バランスが取れず、立ち上がることはできません。でも前足を突っ張ったり、頭を上げてみたり、チャレンジを繰り返してもらう事で、筋力が付き、そのうち体を支えられるようになると良いなと思います。」

同、「そして何より、今日を生きてくれたこと。それだけでいいのです。」

 

同日cafe店長、「だっこちてないでご飯よこしぇー ! 爪切りよりもミルクー、と本気噛みでご飯を要求するゆずちゃん。」

 

 

7月28日shelter長、「今日のゆずちゃん:実は夕べ、日付が変わる頃に嘔吐と下痢があり、とても呼吸が苦しそうになってしまいました。体をさすってあげるくらいしかできず、頻繁に様子を見ていましたが、3時くらいには呼吸が楽そうになってきたので、ちょっとほっとしましたが、気が気じゃありませんでした…。

朝には元気にリキッドを飲んでくれましたが、念のため午前中病院へ。インターフェロンと点滴をしていただき、お昼過ぎまでぐっすり眠ってくれました。」詳しくはコチラ

 

同日cafe店長、「カフェ部屋で、テントで運動していたゆずちゃん。やっと頭を持ち上げることができるようになりました。」

 

7月27日shelter長、「今日のゆずちゃん:皆様いつもありがとうございます。水頭症のゆずちゃん、今日も頑張って過ごしています。たくさんのあたたかい応援メッセージやご支援、誠にありがとうございます。皆様の優しいお気持ちが、ゆずちゃんのパワーとなっています。

昨日は、可愛らしいお客様がゆずちゃんを励ましてくれました。」

「しかし、今は元気に見えても、何かのきっかけで急変してもおかしくない状態です。決して楽観的にはなっていません。」

「そして誤解を恐れずに言うなら、無理にゆずちゃんの時間を引き延ばすことはないと思っています。私にできることは普通にお世話をするだけ、どれだけ一緒にいられるかは、ゆずちゃんの生命力に頼るしかありません。今ゆずちゃんと過ごせていることに感謝しつつ、明日も皆様にゆずちゃんの可愛い様子がご報告できますように。」

 

同日店長、「保護された初日よりも、お腹ポッコリ、手足もしっかりしてきたゆずちゃん。」

同、「初日は頭を軸にぐるぐるしかできませんでしたが、今では前足で踏ん張ることができるようになりました。」

同、「ホテル利用のライト(元ひとし)くんに見守られながら運動 !! よいしょ、よいしょ !! 」

同、「毛布から落ちそうになるたびに抱っこで戻し、」

同、「よいしょ、ころりん、よいしょ、ころりん。」

同、「ライトくんに応援してもらいながら、またまたよいしょ。」

 

同、「たくさん運動して疲れた後は毛布たっぷりのキャリーバッグでおやすみなさい。」

 

7月26日shelter長、ゆずちゃんの動画でました:「連日お伝えしている、水頭症のゆずちゃん。今日も食欲旺盛で元気に頑張ってくれました。動画を撮りましたのでよろしければご覧ください。」

 

7月25日shelter長、「今日のゆずちゃん:朝からお腹すいた~!と手足をパタパタ、おばさんの指をカプッ!心なしか表情が出てきたように思います。」詳しくはコチラ

そして、重たくて全く自由にならなかった頭を、」

同、「プルプル震えながら~からの、」

同、「3秒キープ。すごいです!なんて頑張り屋さんなんでしょう!」

 

7月24日shelter長、「今日のゆずちゃん:水頭症のゆずちゃん、今日も無事生き延びてくれました!お薬をミルクではなく、水で溶いて飲ませたら、さすがにまずかったようで、プンプンでした。ご支援でロイヤルカナンのクリティカルリキットをいただいたので、水分補給に飲ませて、子猫用のムースを頑張ってもぐもぐしてます。

毎日が特別で、呼吸をしてもほめてあげたいくらいの頑張りやさん。」

「自撮り風?」

 

7月23日店長、「シェルター長と一緒にカフェに出勤してきたゆずちゃんです。」

同、「とっても可愛い女の子。」

同、「歯のはえはじめで、離乳食を顔の前に差し出すと自分からモグモグ。」

同、「気に入らなかったり、お腹いっぱいになるともういらなーい ! とプイッとそっぽを向きます。」

同、「水分補給のミルクも4ccほどのんで、お休みなさい。」

 

7月22日shelter長、「無事朝を迎えました:夕べお伝えした水頭症のゆずちゃん、なんとか朝を迎えてくれました!シリンジでミルクを少しずつ飲んでいます。私も少し仮眠してから一緒にシェルターに行きます。」

同日shelter長、「水頭症のゆずちゃん、3時間おきのミルクを頑張って飲んでくれてます。

ご支援者様のSNSを通じて、実際に水頭症の子を育てていらっしゃる方からアドバイスをいただきました!誠にありがとうございます。

今はとにかく体力をつけることが大事だそうです。ミルクだけでは栄養が追い付かないかもしれないので、体質にあった高栄養なご飯を探してみようと思います。どうか皆様、ゆずちゃんを応援よろしくお願い申し上げます!」

 

7月21日保護日、「水頭症の子猫を保護しました:すぐに堀動物病院で診察を受け、インターフェロンと点滴をしてもらいました。」

同、「今も状況はよくありません。おそらく視力は無く、時々けいれんを繰り返しています。明日の朝まで持てば奇跡でしょう。

ですが、私はあきらめられません。

先ほど、おしっこもできて、ミルクとや液体のの流動食をシリンジで飲んで、撫でられると気持ちよさそうにして。

明日の朝まで一緒にいられるよう、皆様も応援をよろしくお願い申し上げます!」

 

 

 

 

 

 

☆ゆずちゃんは、水頭症です。スポンサー様を募集致します。

水頭症:脳や脊髄を循環している脳脊髄液が何らかの理由で増加し、脳を圧迫している状態を言います。猫では稀で、ほとんどが遺伝性なので子どもに現れます。他に脳の病気のため後天的に発症することもあります。治療は、根治は望めずむしろ症状の軽減のため、利尿剤や副腎皮質ホルモンの投与がなされます。

 

 

ゆずちゃんのデータ:

保護地 群馬県伊勢崎市より仔猫を緊急保護。

保護 2018年7月21日。保護時推定月齢1ヶ月。

お部屋 ホストファミリー様宅。

 

治療 インターフェロンと点滴、利尿剤、整腸剤(ラクトフェリン)。
検査 。
病歴 。

 

保護時の状態 甘えん坊です。

経緯 個人の方の持ち込みです。保護猫が里親様のところに行ける直前、水頭症だということがわかりました。お話は流れてしまい、それから保護主様はご夫婦で不眠不休のお世話をされていましたが、無理がたたって奥様が心労で体調を崩してしまい、こちらに連絡があり、緊急保護となりました。

 

譲渡について:
★ワクチン費用、駆虫費用、去勢手術費用などの実費のご負担をお願いしています。
★終生完全室内飼育が絶対条件になります。
お問合せ:事務局 電話048-726-1334(午前10時から午後6時頃まで)

 

 

柴子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります