No.49 六花(りっか)ちゃん サビ♀ スポンサー様募集 | 社)アニマルエイド 猫の履歴書

社)アニマルエイド 猫の履歴書

社) アニマルエイドは、地元埼玉で捨てられた猫、センターに持ち込まれた猫、そして福島の原発事故により警戒区域
の20㌔圏内に取り残された猫たちを保護収容し、里親様を探しています。このサイトでは、里親様募集中の猫たちの
身の上を知ることが出来ます。


テーマ:

☆シェルターには、健康な猫たちに混じり、病気治療中の猫も多数存在しています。彼らを支え、病気であっても健康な猫たちに混じり、病気治療中の猫も多数存在しています。彼らを支え、病気であっても健康な猫たちと同じように、最終的には一般のご家庭で暮らすことを目的としています。ぜひ彼らのスポンサーになってください。

この度、六花(りっか)ちゃんがスポンサー対象猫となりました。

先月、腸ヘルニアの手術をしましたが、今度は違う場所から腸が出てきてしまい、2ヵ月後に再手術をしなければなりません。どうか、六花ちゃんの応援を宜しくお願い申し上げます。

現在、六花ちゃんのスポンサー様におふたりがお名乗りです。また、アニマルエイド全猫の医療費をご支援下さる方が24名いらっしゃいます、誠に有難うございます。

2018年6月12日、この度は、おかげさまで思い切った手術が出来ました、有難うございました。

 

 

 

保護地 さいたま市より緊急保護。

保護 2018年2月8日。保護時推定年齢5歳前後。

保護時の写真

 

★随時写真を追加していきます。

★六花ちゃんのデータはページ末尾にございます。新情報が入り次第加筆します。

お問合せ:事務局 電話048-726-1334(午前10時から午後6時頃まで

 

 

 

6月15日、「スポンサー様募集:ごきげんよう、六花でございます。私は先日手術というものをいたしました。緊張してドキドキしましたが、なんとか無事に帰ってきました。

こうして手術が出来るのも、スポンサー様のおかげでございます。いつもありがとうございます。」

 

6月12日Shelter長、「頑張れ ! 六花ちゃん:保護時に腸壁ヘルニアがあり、3月には手術を受けた六花ちゃんですが、その後、違う腸壁が破れてきてしまい、再手術が必要と言われていました。体調も落ち着いているため、一昨日、堀動物病院に入院しました。」「手術に出発前の六花ちゃん。お腹が不自然に出ています。」「昨日、無事に手術が終わりまして、シェルターに戻りました。」応援よろしくお願いいたします。詳しくはコチラ

 

6月11日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:六花です。猫砂を手配して頂き、ありがとうございます!消耗が激しいので助かります!」

 

6月8日cafe店長、「カフェ部屋に来ていた六花ちゃん。」

 

 

6月5日cafe店長、「子猫さんがたくさんいても、怒らず優しく見守ってくれる六花ちゃん。」

 

6月1日cafe店長、「いつもかくれんぼの六花ちゃんも、子猫と遊ばないものの、隠れずにほどよく相手をしてくれました。」

同、「白目で熟睡中。」

同、「おまた前開ジャンプ!は ! カンパーニュかな。」にも写り込んでいました。

 

5月29日cafe店長、「カフェ部屋でかくれんぼが大好きな六花ちゃん。」

 

5月26日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:六花です。私達のおやつとおばさん達に差し入れ、ありがとうです!また会いに来て下さい。」

 

5月22日cafe店長、「段ボールハウスでのびのびの六花ちゃん。」

 

 

5月12日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:六花です。いつもありがとうございます!色々な物資を持ってきて下さり、嬉しいです。

 

5月11日cafe店長、「窓の外に釘付けの六花ちゃん。」

同、「ストレスと、腸ヘルニアのせいで全身舐めてしまい、びしょびしょです。」

 

5月1日cafeOjimaさん、「六花ちゃんもカフェでのんびり過ごしてました。」

 

4月24日cafe店長、「最近カフェの常連さん、六花ちゃん。」

同、「床にいるとなでてなでてー、と寄ってきます。」

 

同、「甘えん坊さん。」

 

4月22日、「本日も素敵な出会いがありますように:最近はカフェ部屋にもよく来ている六花ちゃん。写真では丸くなってしまっていますが、カフェ部屋にも段々慣れてきました。

本当に可愛いサビ猫さんで、性格も良く、人馴れもしている甘えん坊さんです。六花ちゃんに会えば、彼女の魅力が分かるはず。どうか六花ちゃんに会いに来て下さい。そして、おうちの子として迎えて下さい !! 」

 

4月21日cafe店長、「膝のり大好き六花ちゃん。」

同、「キャットタワーでネムネム。」

 

4月20日cafe店長、「お部屋に慣れてきて、段々とお気に入りの場所を見つけている六花ちゃん。」

同、「とっても甘えんぼさんです。」

 

 

4月19日cafe店長、「(キジエちゃんの)となりには六花ちゃんと、ポンチョくんが仲良く寝ていました。」

 

同、「一緒に寝ると暖かいね。」

 

同、「六花ちゃんとポンチョはシンクロも見せてくれました。」

 

4月16日cafe店長、「ケージを出てリラックスできるようになった、六花ちゃん。」

 

4月5日HostfamilyHiguchi様、「六花ちゃんと交代でむぎくんをお預かりしました。シェルターに帰った六花ちゃんもゴロゴロで、可愛い小柄なサビちゃんです。六花ちゃんにも会いに来てくださいね!」

 

同日SecretariatOhnoさん、「ごきげんよう。六花でございます。この度、スポンサー様を募集することになりましたので、皆様にご挨拶申し上げます。

先月、腸ヘルニアの手術を受けましたが、2ヶ月後に再手術となってしまいました。手術は不安ですが、皆様の応援を支えに頑張って元気なりたいと思っています。どうか皆様、私のスポンサー様になっていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。」

 

4月2日cafe店長、「シェルターに戻ってきた六花ちゃん、ドキドキで飛行機耳ですが、」

同、「膝にのせて撫でてあげると段々耳が起きてきました。」

 

3月19日、「六花ちゃん、手術成功:しばらく風邪の症状や、ワクチンの定着の為延期になっていた避妊手術を木曜に終えることができました。金曜からまたしばらく体調が安定するまでお預かりする予定です。腸ヘルニアの手術と、口の炎症が酷いので歯石のスケーリングも一緒にしてもらいました。一度に色んなことをしたせいか、野良暮らしが長かったのにいきなり色んなことをされたせいか
帰ってきてから一日うずくまっていてとても心配でした。」詳しくはコチラ

同、「結構な範囲毛を刈られているので寒そうで毛布をかけてあげるのですが気づくと上に乗ってしまってます。」


 

2月25日、「お預かり中の六花ちゃん。頻繁に毛繕いをして毛を噛みかみしたり、体をバリバリ掻き毟り痒そうにしていました。(中略)お風呂初体験(多分)してみました。」詳しくはコチラ

同、「洗っている途中少しだけ移動を試みる程度で、怒ったり、逃げようと暴れたりしませんでした。」

同、「緊張のドライヤーですが、こちらも暴れることなく終えました。」

同、「毛が絡まって毛玉がたくさんできていたので切り取りました とてもお利口にしてくれるので全部の毛玉を切り取ることができました。出来上がりー、 いつもよりモフっとしてます。これで体を掻くのが減るといいです。」

 

2月17日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:六花です。応援ありがとうございます!元気に頑張りますので見守って下さいね。」

 

2月13日、「川越保健所に収容されている、多頭飼い崩壊の猫達を検疫ルームに入れるため、六花ちゃんをホストファミリー様へお願いすることになりました。

 

2月8日cafe店長、「今日保護されてきた六花ちゃん。

とっても食いしん坊で、ウェルカムおやつを出してあげるとすごい勢いで一瞬で食べきり、カリカリを食べているときに話しかけるとあたしのご飯渡さないわよ!と怒られました!(笑)いりません!

食事が終わるまで待ち、抱っこをすると爪を切っていてもゴロゴロするほどの甘えん坊。まだ検疫期間なのでお会いはできませんが、皆様よろしくお願いします。」

 

 

 

 

六花ちゃんのデータ:

保護地 シェルター敷地内より緊急保護。

保護 2018年2月7日。保護時推定年齢不明。

お部屋 。

 

治療 レボリューション。
検査 猫エイズ、猫白血病ともに陰性。
病歴 腸ヘルニアの可能性があります。

 

保護時の状態 抱っこや爪切りが出来ます。甘えん坊です。

経緯 交通事故に遭い、風邪をひいていたところを保護しました。


譲渡について:
★ワクチン費用、駆虫費用、去勢手術費用などの実費のご負担をお願いしています。
★終生完全室内飼育が絶対条件になります。
お問合せ:事務局 電話048-726-1334(午前10時から午後6時頃まで)

 

 

柴子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります