No.45 ドラミちゃん 白わずかにキジ柄♀ スポンサー様募集中 | 社)アニマルエイド 猫の履歴書

社)アニマルエイド 猫の履歴書

社) アニマルエイドは、地元埼玉で捨てられた猫、センターに持ち込まれた猫、そして福島の原発事故により警戒区域
の20㌔圏内に取り残された猫たちを保護収容し、里親様を探しています。このサイトでは、里親様募集中の猫たちの
身の上を知ることが出来ます。


テーマ:

☆ドラミちゃんは昨年、腸を切除する手術を受け、便秘と腸閉塞の危険があるため、療法食(ロイヤルカナンの消化器サポート(可溶性繊維))を食べ、投薬治療を続けています。さらにこの4月初旬、脱水と低体温で入院したところ、膀胱弛緩が見つかり、手厚いお世話をして下さるホストファミリー様が必要となりました。スポンサー様もより多くの方々を募集して、安定した治療を受けさせたく思います。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。宜しくお願いいたします。→最新コチラコチラ

現在、ドラミちゃんのスポンサー様に5名様がお名乗りです。また、アニマルエイド全猫の医療費をご支援下さる方が24名いらっしゃいます、誠に有難うございます。 

 

 

保護地 川越市より成猫を緊急保護。

保護 2017年12月29日。保護時推定年齢2歳。

保護時の写真

 

 

★随時写真を追加していきます。

★ドラミちゃんのデータはページ末尾にございます。新たな情報が入り次第加筆されます。

お問合せ:事務局 電話048-726-1334(午前10時から午後6時頃まで)

 

「おしっこが出にくいので、毎日病院で圧迫排泄をしてもらってますが、絶対に爪をだしたり怒ったりしません。とても甘えん坊です。排泄の介助は毎日必要ですが、慣れれば誰でも自宅でできるそうです。

可愛いドラミちゃんを、ぜひお家の子に迎えてあげてもらえませんか?」

「アニマルエイドでは、病気の子、キャリア猫、老猫など、すべての猫に必ず運命の里親様はいらっしゃると信じて活動しています。小さい子猫ももちろんですが、そうでない猫もまた違った魅力にあふれています。

どうか、病気でも、シニアでも、同じ命、愛おしい存在として、傍らに置いてあげて下さい。よろしくお願い申し上げます!」

 

 

 

6月12日Shelter長、「ドラミちゃんぶんむくれ:以前より、排せつが困難で、毎日おしっこを病院で出してもらっているドラミちゃん。」詳しくはコチラ

同、「(中略)ここ数日、病院の先生ですらおしっこがきちんと出てくれなくて、このままでは危ないため、先生の判断でカテーテルを入れる事になりました。」

同、「(中略)なめてしまったり、あちこちに触れるのもあまり良くないので、できればエリザベスカラーかおむつをして下さい、という指示が出ました。「何するのよ~!やめてよ~、そんなのいや~。」と断固拒否。最後は写真のように自分で脱いでしまいました。」応援よろしくお願い致します。

 

5月28日、「ご支援物資 &ご支援金を頂きました:色々持ってきて下さり、ありがとうございました。大切に使いますね。ドラミより。」

 

5月14日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:ドラミです。必要な物を持ってきて下さり、ありがとうございました。とても嬉しいです。」

 

5月4日、「本日も素敵な出会いがありますように:オレンジ棟のドラミちゃん。

毎日通院して圧迫排泄を頑張っています。ご覧のとおり可愛すぎる顔にゴロゴロの甘えん坊さん。体調をご理解の上、ご検討して下さる心優しい里親様をいつでも待ってます。」

 

5月1日、「ドラミちゃんも里親さま募集中です:排泄困難のため、ケージで暮らしているドラミちゃん。」

同、「さわやかな日差しの中、のびのびとお昼寝です。」

 

4月28日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:ドラミです。お願いしているフードを持ってきて下さり、ありがとうございました!嬉しいです。」

 

4月6日shelter長、「ドラミちゃん崖っぷちからの生還:この数日、ご飯を食べず、便も確認できなかったドラミちゃん。すぐに浣腸をしてもらいましたが改善せず、水曜日に緊急入院、今日無事に退院して来ました。」以下要約です。詳しくはコチラ

「レントゲンの結果、結腸の上の方、出口から遠い方に便が詰まっていて、浣腸でも取れないところなので、点滴と腸を動かす抗生物質を続け、退院となりました。」

「今回の件で腎不全の疑いも出てきたので、体調が落ち着いたころ、もう一度血液検査をして、フードなどを選ぶ必要が出てきました。」

「もう一つ問題があり、尿も濁りがあり、膿が出てきたそうです。原因は膀胱弛緩。おしっこを自力で出し切ることができず、垂れ流しになっているため、細菌などがすぐ繁殖してしまう。そのため、人間で圧迫排せつを1日数回行わなければいけません。」

「スポンサー様、ホストファミリー様、里親様を募集します。」

 

同、「水曜日(緊急入院の日)のドラミちゃん。」

 

 

ドラミちゃんは腸を手術したため、消化器サポートを専用食で食べていますが、それ以外はほかの子と何も変わりません。ドラミちゃんだけ、または先住ちゃんのご飯が消化器サポートのご家庭、などのお家の方、ぜひドラミちゃんも候補に入れてあげて下さい!よろしくお願い申し上げます。

 

3月31日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:ドラミです。いつも応援ありがとうございます。おいしいおやつ、とっても嬉しいです。」

 

3月18日、「本日も素敵な出会いがありますように:オレンジ棟のドラミちゃん。専用食を食べている為、普段はケージの中で過ごしています。スリスリの甘えん坊さんなので、1日も早く里親様の元へ繋げたいです。

可愛くて愛嬌たっぷりなドラミちゃんを、どうか家族として迎えていただけませんか?是非、よろしくお願い致します !! 」

 

3月2日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:ドラミです。普通のおやつを食べられない私に、特別なおやつを選んで頂き、嬉しいです。」

 

同日、「ドラミちゃんの大冒険:ご飯が専用食のため、普段ずっとケージの中で暮らすドラミちゃん。昨日は午後にスタッフの手が空いたので、室内のお散歩に誘ってみました。あっちこっちを興味深くまわって、ケージの上へよいしょ!と登り、」

同、「「あ、ベッドがあるけどいっぱいね…。」

同、「ちょっと一休み。そのあとはキャットタワーに上って外を眺めたりしてましたが、自分でやっぱりここがいいや!とケージに帰ってきました。」

 

2月23日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:ドラミです。いつもお世話になっております。お願いしていた紙タオル、嬉しいです!」

 

2月21日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:ドラミです。いつも応援ありがとうございます!トイレの砂は消費が激しいので助かります。」

 

2月10日、「ご支援物資&ご支援金を頂きました:ドラミあてに送ってくれて、ありがとうございます!とっても嬉しいです。早く食べたいな~。」

 

2月5日事務局Ohnoさん、「はじめまして、ドラミです。私、腸を切除する手術を受けたの。手術は成功したけれど、便秘と腸閉塞の危険があるから療法食とお薬を頑張って飲んでたの。経過は良好でお薬を飲まないでしばらく様子をみましょうって言われたわ。でも、療法食はずっと必要なんですって。そのために、今回スポンサー様を募集することになったの。どうぞよろしくね。」

 

1月31日、「ドラミちゃんの経過良好 ! :昨年、腸を切除する手術を受け、便秘と腸閉塞の危険があったため、療法食と投薬を頑張ってきました。」

「療法食はずっと必要で、シェルターではどうしてもケージ暮らしになってしまいます。一般のご家庭なら、ドラミちゃんもフリーで過ごすことができます!里親様のご検討をよろしくお願い申し上げます!」圧縮文を掲載しました、詳しくはコチラ

 

1月30日、「ご支援物資&支援金を頂きました:ドラミです。いつも応援&ご協力ありがとうございます!大変助かってます。また来てね~。」

 

1月30日cafe店長、「今日のドラミちゃんは、寝癖がソフトモヒカンスタイル。」

同、「ドラミちゃんの写真が仁王立ちが多いのは、ケージをあける=ごはんかナデナデ!と思っているので人がくるとケージの扉のところで構えてるのです。」

 

1月13日cafe店長、「お腹すいたの‥。ごはんないの‥。と空のお皿を舐めるドラミちゃん。」

 

 

1月12日cafe店長、「ドラミです。ブログでは初めましてかな !? 私はおなかの手術したからお腹いっぱいご飯食べれないの。」

同、「ごはんいっぱい食べれない代わりに、いっぱいなでなでして下さい。」

 

1月8日、「ご支援物資&資金をいただきました:ドラミです。届けて下さり、ありがとうございました!応援嬉しいです~。」

 

2018年1月7日、「本日も素敵な出会いがありますように:昨年末に保護されてきたドラミちゃん。腸内に異物があり手術をしてからこちらに来ました。現在専用食を食べているのでケージで暮らしています。

外で行き倒れていたそうなので、苦労の連続だったのでしょう。人慣れしている健気なドラミちゃんに、どうか温かな手を差し伸べて下さい !! 」

 

 

ドラミちゃんのデータ:

保護地 川越市より成猫を緊急保護。

保護 2017年12月29日。保護時推定年齢2歳。

 

治療 レボリューション、3種ワクチン、避妊手術。
検査 猫エイズ、猫白血病ともに陰性。
病歴 膀胱が化膿、腸内に異物があり、手術しました。1/30現在、手術の経過は良好。投薬は中止し、専用食のみで経過をみることになりました。体重3.6kg。

 

保護時の状態 人馴れしており、撫でられます。

経緯 個人の方の持ち込みです。外で行き倒れていたところを保護、入院、手術をして、退院後に連れてきて下さいました。

 

譲渡について:
★ワクチン費用、駆虫費用、去勢手術費用などの実費のご負担をお願いしています。
★終生完全室内飼育が絶対条件になります。
お問合せ:事務局 電話048-726-1334(午前10時から午後6時頃まで)

 

 

柴子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります