進み方は人それぞれ | ぱちぱち(そろばん)教室

ぱちぱち(そろばん)教室

☆唯一の特技を活かしそろばん教室をしている二児の母☆

よく聞かれるのが「始めてどのくらいでどれほど進めますかはてなマーク」という質問。

一言で言ってしまえば「わからない」が正解です。

週に一度しか練習出来ない子、週に二回来れる子。
ここだけで既に差があります。

じっくり一つ一つを進めていく子、先に先にと家でも練習をしたがる子。
ここでも差が出てきます。

どちらがいいのか?
これはどちらがいいとも言えません。
その子の負担にならないように進めていけることが一番なのです。

進み方が遅いので教室に不信感を抱いていた保護者の方がいます。
ですが週に一度しか来れない、更に意欲的に先に先に進んでいくタイプの子ではなく
一つ一つをゆっくりと覚えていく子…。

そういうタイプの子にガンガン先を急いで教えても何も分からなくなってしまうだけ。
確実に一歩ずつ進んでいることを褒めてあげてほしいと思います。

子供たちの性格や個性に合わせて教え方や接し方はいろいろです。
そこに不信感を抱かれてもこちらではどうすることも出来ませんあせる

親御さんから苦情が来たからといって子供たちに負担を課せるわけにはいきません。

いかに自信をつけさせてあげるか…。
やる気を出させてあげるか…。

いつもそういったことを考えながら進めています。
ただ単純にそろばんだけをガンガン教えているわけではないのです汗

問題が解けずに泣きそうになってしまった子にはもう一度分かりやすく一緒に解いていく
調子が悪くいつもの点が取れなかった子にはそういう時もあると励ます
帰る時間ばかり気にして時計を見ている子には注意を促す
甘えてばかりで自分でしようとしない子には少し厳しい言葉をかける
などなど様々なことが起こります。

少しだけ理解してもらえるとありがたいですm( _ _ )m