新潟のモニターからの便り | Anglers-Design(アングラーズデザイン)のブログ

Anglers-Design(アングラーズデザイン)のブログ

弊社アングラーズデザインの商品解説と、ゲームフィッシングのすばらしさをご紹介いたします


テーマ:

新潟のADモニター鷲津君(ワッシー)からの便りが届きましたビックリマーク

 

~~釣行記~~

 

こんにちは!!

新潟のワッシーです!!

 

今回は、新潟沖に浮かぶ島、粟島でブリのトップゲームにチャレンジしてきましたのでご報告致します!!

 

前日の夜の予報では、島までは愚か、沖にすら出られるかわからないくらいの風の予報・・・。

 

それでも、寝る直前に見た予報では、ほんの少しだけ風が弱まってました。

 

ほんの少し可能性が出てきた為、一緒に出船予定の友人4人に一応粟島の準備もして来てと連絡。

 

翌朝、港に着いてみると、予報が良い方に外れ、ほぼ無風です(笑)

 

一緒に向かう予定にしていたJAPAN SEAの木村CAPと、とりあえず島に向かって、ダメなら引き返して来ようと言うことになり、ダメ元で島まで向かってみることにしてみました!

 

片道約一時間の道のり。。。

 

遠いですが、その先には夢が待ってくれているはず?!

 

 

 

 

結局、道中全くのべた凪状態!!

 

島に近づくとなんと、無数の鳥山!!

なかなか見ない数の鳥です。

 

船室からアングラーズデザイン ライトグローブと、FSパッドにプライヤーケースなどをぶら下げたベルトを装着し、いざ出陣!!

 

目の前には鳥山、船の下にはイワシらしきベイトの群れ。

 

こんなに素晴らしい状況に恵まれていいのでしょうか!?

こんな状況で釣れない訳がありません!!

 

 

 

まずは、190mmのトップウォータープラグをキャストし、気泡をまとうようにロングジャーク。

ルアーの後ろが『モワッモワッ』となり、後ろにはワラサ、ブリの群れが今にもルアーに襲いかかりそうです!!

 

襲いかかりそうです!?

 

襲いかからんのかい!!

 

 

 

追っているベイトが小さいのか、なかなか水面まで出切りません。

そこで、120mmまでサイズを下げもう一度チャレンジします。

 

すると、後ろに付いた魚達が、明らかにいままでと違う反応を見せ、次々に水面を割りながらルアーに襲いかかっています。

 

ジャークを入れる度に水面が割れ、魚が出てきます!

グッと、ロッドに重さが乗ったところですかさずフッキング!!

 

脇挟みにしていたバットエンドを持ち替え、FSパッドに委ねます。

鋭く突っ込み、頭を振る魚にライトグローブを握り直し耐えます。

 

さすが粟島の鰤!!

なぜかこの島の鰤の引きは強いんです(汗)

 

何度かのされそうになりましたが、無事にランディングできました!

 

その後も鳥山と鰤の追従はしばらく続き、久々に楽しい釣りをする事ができました!!

 

Anglers-Design(アングラーズデザイン)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス