“Move on” | ”Black Out”

”Black Out”

Kenbo’s Blog

 

歳を重ねる毎に明日の事を考えると守りに入り布団の中で過ごす時間が長くなってきます。

先週から本格的に風邪をひき、22時就寝と健康的な1週間でした。

にしても、まだ風邪を引きずっていますが・・・

 

広島市内河川は上流から河口部まで「サッパ」がメインベイトとなっていて、橋脚明暗+表層系のウォブンロール強めのルアーで70センチクラスまでの数釣りでアングラーを楽しませてくれましたが、そのベイトも雨・水温の関係で姿を消し、これまで好釣果だった話も耳にしなくなりました。

そのサッパが今年多く河川内に流入して事でこれからのハイシーズンのすべき事を明確にしてくれます。

 

 

西寄りの河川ではイワシが多く、サゴシやブリ等のフィッシュイーターで賑わっており、もちろんシーバスも好調です!

これからの広島市内河川は言うまでも無く「水温」がキーとなってくる時期ですね。

ここ数日は朝晩の冷え込みが強くなってきたので、水温がそれに追いつき15°を切った日が続けば「コノシロ」も本格化しそうですね。

ちょうど昨年は11月下旬と少し遅かったと記憶しています。

そのコノシロパターン開幕時はランカー5本と少し期待外れでしたが、今シーズンは期待が出来そうですね。

 

 

この潮周りから広島市内河川でも水量が効いているエリアは要チェックですね。

コノシロパターンと言えば「ビッグベイト」とイメージされるアングラーも多いのではないでしょうか?

もちろん、ビッグベイト=コノシロと言ったストロングなパターンも存在します、しかしビッグベイトではカバー出来ないレンジや飛距離等のシチュエーションも視野に入れまた広げる事で選択肢を広げシーバスとの距離の縮める事もお忘れなく。

そこで「パワードラブラ125FG」をフーチャー、強烈な流れの中でも破断する事無く泳ぎ切り、流れの変化もサーチしやすく、何と言って横にワイドにスライドするエスケープアクションが特徴でリアクション的要素でドリフトでルアーを送り込んでココって時にターンのレスポンスも最高です!

 

これから始まるであろう今シーズンのコノシロパターンでは最前線で今シーズンも頑張ってもらいますよ。

みなさんも風邪等ひかないようにこれから来る秋のハイシーズンを楽しんでください。

 

『タックルデータ』

ロッド:アブガルシア EXTS-94ML+H-TZ

リール:アブガルシア レボPRM4000SH

ライン:バークレイ スーパーファイヤーラインウルトラ8 1号

リーダー:クレハ グランドマックショックリーダー4号

ルアー:リード パワードラブラ125FG・ディブル55TG

アングラーズギア:パズデザイン