”Dominanto”に詰め込んだモノ | ”Black Out”

”Black Out”

Kenbo’s Blog

最終プロトの改善点と改良点の修正で納得いく形になって手元に戻ってきた。

 
製品版の「エラディケーターアジングカスタム511MLS-TKR”Dominant”」
”Dominant”に求めたモノは「操作感や操作性」。

 
ライトゲームと言うカテゴリーで突出して「感度・操作感・軽量」にベクトルが向いていいる感の強い”アジング”だけに、様々なメソッドやポイントのシチュエーションまたは、アプローチ方法などに伴い日進月歩しているアイテムやタックル。
そして忘れてはいけないが「地域性」と言う事。
この”Dominanto”に詰め込んだモノは何処のエリアにも共通している「操作感・操作性・感度」。
既存販売している”Stylus”と対局に位置するタイプでもあり、アジングと長時間向き合ったと言うより向き合っていると言った方が正しいのかなぁ?の結果ボク自身も色々なフィールドに足を運ぶ事とそして何よりアジとの距離を最大限詰めていくには必要となってきたためでもある。

 
 最終プロトで気になっていたライン抜けとバタつき。

 
ガイドの位置をピュアのロッド開発でもあり、アングラーでもある清水氏と相談した結果少しグリップよりにする事で改善・改良された。

 
そしてこの”Dominant”にはトルザイトリングを採用して軽量化に成功した為にトップガイドもLFトップガイドからMNトップガイドへの変更が可能になり、キャスト時のティップのブレも気にならなく、風がある釣行時のライン操作も助長してくれます。

レングスがショート化に比例させて高感度を与えてくれている「エアコルクグリップ」にも少し手をを加えてショート化に成功。

 
比較的指が短いボクにもピッタリとフィットしてくれてグリップを握ると言うより軽く包み込めると言った感じ。
発売は今秋の予定となっておりますので、3次元から四次元への操作性そして操作感を感じてみてください!

 
プライベートな事情で体が思うように空かずフィールドに足が運べずにいます・・・・
久しぶりの釣行も目は瞑るは・・・・
アジも頑張って8匹と・・・・
おまけに台風並の爆風で・・・・
でもやはり「釣り」は、その置かれた環境下で最大限工夫して楽しみながら魚との距離を縮める事が本質だったりと・・・・
そしてそれらがタックル達だったりと・・・・・

【タックルデーター】
ロッド:アブガルシア エラディケーターアジングカスタム511MLS”Dominanto”
    アブガルシア エラディケーターアジングカスタム611MLS”Temptation”
リール:アブガルシア レボLT2000SH
     アブガルシア レボLT2500SH(プロト)
ライン:バークレイ フロロカーボン1.8LB(プロト)
     バークレイ トライリーンZ2lb
ルアー:バークレイ マイクロクローラー3インチ・バブルサーディン
アングラーズギア:PSLバッカンⅡM