相違する状況下 | BlackOut ver.L

BlackOut ver.L

広島のフィッシングショップ サミット店長(Kenbo)のルアーフィッシング釣行記。


テーマ:
 
 この日、スルメイカは浮いていた。
一か所を除いては。


 
 アブガルシア レボLT-LHをアブガルシア ベイトロッドにセットして、ラインはバークレイ バニッシュウルトラ8LBをチョイスして風下の中でもしっかりとルアーが入っていくようにと。

 
 ルアーはリード フィール100(スルメイカチューン)。
通常はイカつーるを3つ付けてたんだけど、活性が高いくもっと手返し良くする為に、テールだけにイカつーるをセット。
これで手返し良くスルメイカを外せる事を学習。


 
 ベイトタックルの利点でもあるラインスラッグの少なさで、ルアーをキャストしてテンションフォールでカウント10~15ぐらいのレンジでバイトが多かったこの日のスルメイカ。
しかし、ベイトタックルを使用する背景には「バックラッシュ」の存在もあると言う事を忘れていけない。

大きな潮と共にスルメイカの回遊も活発になってきた感じでもある、今夜。
しかし若干ではあるが、やや水深のある沖を回遊している個体が多い感でもあった。


 
 飛距離と言うアドバンテージとイカが抱いた時の感触などを考慮して次回は「マドネスジャパン シリテン100(スルメイカチューン)」を試してみます。
スルメイカ絶好調です。


【タックルデーター】
ロッド:アブガルシア ベイト69T(プロト)
リール:アブガルシア レボLT-LH
ライン:バークレイ バニッシュウルトラ10lb
ルアー:リード フィール100・120(スルメイカチューン)
アングラーズデザイン:パズデザイン 
 

 


林 健太郎(けんぼう)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス