アラとか真鯛とか

テーマ:
ブログ再開とか言いながらまた間が空いた訳ですが、早い話が全然魚が釣れなかったんですw

4月は会社の後輩M君と日本海でのアラ狙いで2回撃沈、加太での鯛ラバでは、釣り仲間のたんパパさんと挑んだものの轟沈。

そして、3度目のアラ狙いでようやく本命を見ることができました。

備忘録程度にその時の様子を。

竿:ABLIZ NERAI MH
リール:ビーストマスター3000にPE4号
仕掛け:サルカンから幹糸12号60cm、120cm、120cm、捨糸6号60cmで枝10号40〜50cmの3本針。
錘:100号

餌は活きたイカの新子、カタクチイワシ、小アジなど。


常連客で集まっての大会形式でしたが、当初から厳しい釣況でした。9名で釣れたのは2匹だけ。一方は65cmのまずまずの型ながら、自分のは49cmと微妙なサイズw


シロソイとかはけっこう混ざるので、丸ボウズにはなりにくい釣りなんですけどね。


しかし釣れたアラは船長としゃべってる時に置き竿で掛かったのでどうやって釣るのかよくわかりません(笑)


釣果は料理屋さんに持ち込んで皆さんと刺身や煮付けで美味しくいただきましたが、自分のアラは西京漬けにしてBBQで丸ごと焼いてみましたw


この釣りはまた夏に再開ですね。

で、大型連休では福岡に帰省。
宗像は神湊港より健栄丸さんから鯛ラバ&テンヤで出船しましたが、鯛は見れず、そこそこサイズのアコウ(キジハタ)と4枚のフエフキで終了。



巻いて落としての地味な作業を8時間続けての釣果ですから、なかなか厳しいものです。なんか毎年真鯛のノッコミを外してる感があります。

でもこの度、めでたく世界遺産に登録される沖ノ島の沖がポイントということもあって、そこで釣りができる機会が持てるというのも幸せなことですよ。

ということで、今ホットな話題の沖ノ島の近影をいくつかUPしておきます。
ではでは。






AD
自宅で本格的なラーメンを作ってみたい。
そんな欲望を抱く人は、多いとまでは言わないが、とりあえず思うだけなら、特に男性ならばそう少なくないはずだ。
しかし、本当に実行する人は間違いなく大馬鹿野郎である(笑)

しかし、不肖のDフォレも小野式製麺機を手に入れたからには、もう後には引けないと思い、肉屋に豚骨だけは注文しておいた。



その週末の金曜日の夜、翌日は釣りに行く予定だと言うのに、会社の後輩Nが酔っ払って自宅に乗り込んできた。

このNは酒が入ると22:30くらいに電話を架けてきてDフォレをカラオケに誘うという癖があり、自分も結局なんだかんだで好きなカラオケに興じてしまうのだが、釣りに行く直前までシラフでカラオケを歌うほどの元気は無い。なので、「明日は釣りだから今日は行かねーぞ。」と伝えたのだが、「じゃあ、家行きます!」と、言って徒歩2〜3分先の美人の奥さんと可愛い子供が3人で待つ幸せな家庭に帰らず、我が家にやって来るのである。
全く、「世の中に人の来るこそうるさけれ、とは云ふものの、お前ではなし。」とは誰が言ったんだっけな。

Nの名誉の為に誓って言うが、彼の家庭生活は極めて円満である(笑)

さて、長いこと冷蔵庫の主となっていた缶チューハイを取り出してNに飲ませながら益体もない話をしていると、当然の流れとして(?)小野式製麺機を見せて、これを自慢してしまうのは詮方ないことである。
学生時代のバイト先がラーメン店だったNが「二郎作りましょう!」と言うのも自明の理であった。まずは博多ラーメンが作りたかった自分の意見は挟む余地が無さそうだったので、cookpad先生にお願いして何とかやってみることになった。
その後、何ともアクロバティックな体勢で寝ていたNに果たして記憶が残っているのかが気掛かりではあったがw


日曜日の朝、豚骨を注文しておいた肉屋に行き、材料を揃える。
今回の材料(約10杯分)は以下の通り↓

【スープ】
・豚骨1.2kg(ゲンコツ、背ガラ)
・背脂300g(結果的には少なかった、、、のかな?二郎としては。。。)
豚肩ロース1kg
豚ミンチ300g
豚足2本
鶏ガラ7羽分
手羽先500g
長ネギ2本(青い部分)
玉ねぎ小2個
にんにく2房
しょうが1個

【タレ】
しょうゆ400ml
みりん160ml
味の素(のような業務スーパーの謎の白い粉w)適量

【麺】
強力粉1kg(業務スーパーで130円)
粉かんすい10g
塩10g
水330cc

【トッピング】
もやし4袋
キャベツ1/4玉
刻みニンニク1房分
ダシを取った後にタレに浸けたチャーシュー
味付卵(前日にめんつゆに浸けておいた)

材料費はアバウトに計算すると5000円で、1杯に換算して500円なので、コスパはとても悪い。お店に行って食えよって感じだ(笑)

さてさて、それなりに駆け回って材料を買い込んで来たわけだが、まずは下拵え。



骨を水から煮て、アクを浮かせてから、一度お湯を全部捨て、骨に残っている血を取り除く。




面倒なので、肉の部分まで取り除くことはしない。これもきっと大事なダシが出る。きっと。恐らく。たぶん。

あとは網に入れた肩ロースを、細かいネットにはそれぞれ小分けして豚ミンチ、手羽先、豚足を入れてぶち込み、背脂も一番上に乗せる。
半分に切ったニンニクとショウガもネットに入れて投入。



これは100%煮こぼれるので、沸騰しそうになった段階で別の鍋にスープを移して、蒸発して喫水線が下がったら適時元に戻す作戦でなんとかなった。

そうしていると、昨日釣った魚をあげる約束もしていたNがやって来た。
「なんか、うわぁ。。。って感じですね。。。」と、自分からやりたいと言ったくせに若干引き気味な反応をしてくれたが、部屋の中に立ち込める「ラーメン屋の匂い(臭い)」にどうにも批判しようがないw

ヒラメにマトウダイにアオリイカと、豪華三点盛りを持ち帰って一度家族と昼飯を食いにNが自宅に戻っている間に麺の準備をしておく。
電動インパクトドライバーに塗料を混ぜるための器具を取り付け、シリコンバケツに小麦粉を粉振いして、一昨日から水とかんすいを合わせておいたものを霧吹きに入れて、小麦粉が舞っても大丈夫なように風呂場で水回しの作業を行う。



水回しが終わったら真空フードシーラーで密閉したものを踏み踏みして、しばらく寝かす。

Nから連絡があって、試食会は後輩達を中心に4人が来るということだった。全部で6人だから、麺の量はギリギリだ。本家二郎なら小といったところか。
「家でスープからラーメン作ってるって言ったら、あいつら何て言ってた?」
「いや、単に食べたいから来るって言ってましたよ。」
「思ったより普通の反応だな。あ、あいつらもうDフォレならラーメンぐらい作るのは普通だと思ってるのかな?(笑)」

どうやら、そうらしい。。。

煮込み始めてから2時間弱経過したので、スープから肉類を取り出して、肩ロースだけタレに漬け込んでおく。

再びNがやって来たので小野式製麺機を出して、二人で製麺作業をしたが、写真を撮り忘れてしまった。
少し厚めの麺帯を無理やり2.2mmの切り刃に通したが、かなり二郎っぽい麺に仕上がった。

スープはそのままじっくり煮込んで、当初から5時間経過したところで背脂をすいのうという網で粗めに濾しておく。



仕上げにネギと玉ねぎとニンジンをネットに入れて投入。もやしとキャベツも茹でておく。
6時間経過したところでスープからガラを全部取り出して、濾して液体だけにしておき、試食会の開始に合わせて準備。



初めてにしては我ながら良い段取りだったと思う。

後輩達がだいたい揃ったところで試食会を開始。自家製麺なので茹で時間がわからなかったが、だいたい4分半でOKだった。

手伝ってもらいながら盛り付け。
タレとスープを合わせて、麺を入れて、トッピング。けっこうモタモタしてしまったが、完成。



本家二郎に比べて、野菜が少な過ぎたが、味の方は、、、。

「何これ!?二郎より美味い!!」

なんて言ったのはとある後輩であるからして、あくまで個人の感想であり、これをもしジロリアンの方々が読んで怒ったりしたら大変だ。筆者は責任を取らないが、そういう感想があったというのは、この初めて作った本格的ラーメンは大成功だったということだ。

あくまで趣味の一環であるが、こうしたことに付き合ってくれる後輩達がいるのは幸せなことでもある。

さて、次は何ラーメンにしようか?
AD
所変われば釣りも変わると言ったところで、たとえ釣れる魚が同じでも、その土地にあった釣り方が一番適しているものです。

さて、今回は久しぶりに、たんパパさんとその後輩のOさんと共に徳島県は日和佐までアオリイカとアジの飲ませ釣りに行って来ました。

船宿は第八源洋丸




山の上に佇む日和佐城は三好氏の縁でもあるのかな?とも思いましたが、誰が築城したのかよくわからないそうですw

船長がちょっと遅れて7:00出船。

まず漁協?の船着場で1匹70円の活アジを1人40匹購入します。

それから南下してポイントの大島沖を目指します。


仕掛けはナイロン2号の一本仕掛けで、直線上にアジを掛ける針が上に動く半誘導になっており、針止めからアジの大きさ分だけ離れてイカ用の掛け針が固定で付いていて、一番下に40号の錘を付けるといった具合です。

船長のレクチャーによると、着底と同時に底を1m取り、5秒〜10秒ステイ、針の誘導幅を意識しながら竿を聞き上げて、イカがアジを抱いていない様子なら、また底を取って繰り返す。
イカが抱いた時は誘導分を聞き上げ、テンションをキープしながらリールを巻きつつ竿を下げ、竿を振り上げてイカを掛け針に乗せ合わす。

ということで、最初のポイントで実践。

すると、着底から1m巻き上げてキープしたとたんにアジを押さえ込まれる感覚がしたので、船長に習った通りに合わせると、しっかり乗りました。



それからもう一杯追加して、隣のOさんやたんパパさんにもヒット。なかなか調子が良いです。

しばらくして、なかなか大きめの3杯目。



Oさん、たんパパさんも調子良く追加して、自分はしばらくマトウダイらしき魚にちょっかいを出され、苦戦。
しまいにはアジを掛ける針が折られてしまい、どうやらアオリイカでもマトウダイでもない何かがいる気配です。

仕掛けを飲ませ様の針に変えて投入すると、一撃で大きなアタリがあり、大物の気配でしたが、結果は巨大なマトウダイ(笑)
写真取り忘れましたが、50cmは余裕で超える大きさでした。

その後、着底と同時にズドンと来たアタリに孫針(スティンガートリプルの強い針だったのに、、、。)が折られたり、アオリイカと同じポイントであることの弊害で、シングルフック(イカを掛けるための針が付いていない)であるが故にそれを逃したりと裏目に出ます。

しかし、やはり好漁場。
アタリからしっかり待って釣り上げたのは49cmのヒラメ。



その後もアタリが続き、今度は60cmのヒラメを釣り上げ、この日の釣果は打ち止め。

この日の第八源洋丸の釣果ページ

大阪市内まで帰って、いつものお店で調理してもらい、とても美味しくいただきました。







徳島のポイントはどんなもんかなぁと試しに行ってみた感はありましたが、なかなか楽しめました。
今度はもっと南下して室戸岬の方まで行ってみたいですね。
AD
デイリーポータルZという、ちょっとユルい感じの記事が集まっているサイトがありまして↓
デイリーポータルZ

釣りのことでネットサーフィンなんかしていると、よく今や終了した『@nifty釣り』の記事がヒットするんですが、それを書いている記者さんというか、ブロガーさんと言うか、普段は何をしている人なのかよくわからないですが、冒頭のサイトにも寄稿していたりします。

内容はユルいと言いましたが、寄稿している人達は普通は人があまりやらないことや、考えはするけど実行しなかったり、妄想の世界で完結するようなことを率先してやる馬鹿野郎(たぶん褒め言葉と捉えてもらえると思います。)がたくさんいます。自由人とか、マニアとかオタクとかロハスとか、テーマがニッチでも全力で非効率にアホな遊びをやっている人達であり、けっこうくだらないんですが、たまにとてもためになったり新しい見方や世界観を与えてくれたりします。たぶん自分もそんな種類の人間であり、そうなりたい思っているので、非常に楽しく見ています。

そんな記事の中で、かの有名なラーメン店『ラーメン二郎』の海賊版を麺の段階から自宅で作るなんていう人がいるから驚きです。

自宅でできるラーメン二郎風ラーメンの作り方

そこに登場する鋳物製の小野式製麺機なる昭和の遺物をレストアしている人達がいて、最近では同人誌まで作っちゃったりしてます。

趣味の製麺

これが、なんだか妙に気になって仕方がなかったのが3年ほど前です。
やめておこう、やめておこうと思いながら、、、結局手に入れてしまいました(笑)








小野式製麺機2型片刃2.2mm
この剛健な鋳物と鋼鉄ギアと真鍮の削り出しの純粋な工業機械的な佇まいがとても魅力的です。
何やら大きさの違いで1〜3型まであって、初期型とか後期型とかの違いでA型やB型なんかもあるらしく、また、麺の切り幅の違う2種類の切刃が付いている両刃型もあり、切刃も1.3mm〜6.3mmまで様々な種類がありますが、1.3mmは中華麺に適しているので、アホみたいなプレミアが付いています。やれやれ。
何だか小野式じゃなくて田中式とか◯◯式とかの偽物なのか競合メーカーなのかよくわからない他社製品もある様ですが、基本構造は同じ。なかなか奥が深いです。

これらは食糧難の昭和初期に家庭で麦を主食として食べるために一部地域(群馬とか)で出回っていたもので、もう生産されていない骨董品です。
入手にはヤフオクで探すか、リサイクルショップで運良く出会うか、池永鉄工という会社が改めて製作している新品を6万円で買うしかないんですが、恐らく今どき鋳物製麺機なんて買う人は、この小野式製麺機に魅せられてしまった人達です。
なので、中古を分解・整備して使用するのが王道の様です。ここは製麺をしたい人と製麺機を使いたい人という微妙な違いが存在するのですが。。。

ということで、オーバーホール済みと書いてあったものの、けっこう汚れてるこの製麺機を改めてレストアしました。

まず、組み立てる時に迷わないように、なるべくパーツを部位ごとにまとめながら分解します。









麺カスがボロボロ落ちてくるし、清掃・整備された形跡も感じられないし、はっきり言って汚い。
前オーナーもよくこれで「オーバーホールしました!」なんて堂々と書けたものです(笑)
まぁ、そんなものらしいですが、だからこそ先人達がいろいろ整備方法をまとめてくれているので、そんなに苦でもありません。

まず、金属部品をまとめてサンポール(塩酸)の中にブチ込みますw



4時間くらいでこんな感じ↓



サンポールって凄いw
まぁ、錆の深い所は黒ずんでどうにもならないみたいですが、けっこう劇的に錆が落ちています。
そして、このままではすぐまた錆びるらしいので、今度はアルカリ性のマジックリンに漬け込みます。



鋳物部分は元の色である緑に塗装。



塗料が乾いて、部品の洗浄と注油をして錆止めをしてから組み立てると



まぁ食品衛生的には及第点でしょう。


上 before
下 after

中古で2000円で買ったATLAS150というパスタマシーンと並べると、何だかインテリアとして置いておくだけでもカッコいいなぁと思ってしまいます(笑)



小野式製麺機は2.2mm、パスタマシーンは切り幅が1mm、1.5mm、6.5mmとあって、中華麺も作れます。ちなみに加水率の低い中華麺をパスタマシーンの圧延ローラーに通すとぶっ壊れるそうなので、頑丈な小野式製麺機で圧延してパスタマシーンで細麺に切るという非効率ながら確実な方法で我が故郷の福岡の博多・長浜ラーメンに対応させることができます。

ここまでやっておいて何ですが、自分は一体何を目指しているんでしょうかねぇ?(笑)

うどん、そばとかパスタはともかく、ラーメンのスープもついに自作かぁw

釣りもたくさん行っているので、そっちの記事もボチボチ再開します。

右も左も無ぇんだよバカ野郎

テーマ:
最近やっと見えてきた。

日本は自分達で主権を守るんだという覚悟が右にも左にも足りない。
安全保障に対する主権を回復することが今本当にやらなければならないことである。

真面目に戦争反対!9条を守れ!と叫び、主張する人達はその本質に気付いていない。


今、議論中の法案は違憲だと思うし、自衛隊の存在そのものに対する苦しい解釈にも子供の時からずっと違和感を持っていた。  
しかし、これに抗議する人の中にはというか、反対派とされる人達の多くは現実を見ていない!

・・・と、言うのも実は違う。

その中でイニシアチブを取っている人間の多くは現実を分かっているからだ。

隣国が核ミサイルを日本に向けて照準していること、猛烈な勢いで軍備を拡大していること、再三にわたって戦闘機や潜水艦による挑発行動を受けていること、南シナ海や東南アジア地域の安全保障が脅かされていること、アジアを蹂躙して暴虐の限りを尽くした(らしい)当時の日本が、隣国以外ではあまり悪く言われていないこと等々・・・。

日本の左翼集団は平和主義を唱えながら自衛隊という「戦力」をやたら問題視するが、隣国の軍事的行動には目を瞑る。隣国の大使館の前で戦争反対のデモ活動は絶対にしない。

当たり前である。日本を攻撃しようとしているんだから。全部わかっててやっている。

でも、変なバカ右翼もまた極端で、鬱憤晴らしのためにヘイトスピーチを撒き散らす。

今の政権は現実に対処しているつもりで、義や道理に適わない政策を取ろうとしているから正当性がまるで無い。

問題意識を感じている若者は純粋真っ直ぐで真面目な思いから真剣に行動を起こそうとする。未熟さは弱点でもあり強みなのだから、どうしてこうするの?こうした方が良いんじゃないの?答えてよ!教えてよ!と、率直に主張すれば良いが、変な左翼集団に取り込まれたり、影響を受けたりしてしまう。いくつかの主張が正しくとも結局同種のものと判別されて、やはりただのエネルギー放出か陳腐なサークル活動にしか思われない。

本来、右翼(保守)とは歴史の連続性を大事にすることで、左翼(革新)とは新しい考えを重要視することだ。
日本はどうだろうか。見える範囲ではどっちもデタラメである。

安全保障や国防のためには戦争も辞さないというのが保守というわけではない。
戦争反対叫ぶのがリベラルというわけでもない。何だかんだで左翼と言われる人達の方が過激で暴力的だったりする。

ところで、戦後、我が国が自ら望んで「戦争に参加」したことが無いわけではない。
後方支援にせよ、イラク戦争において何の大義名分も無いまま米国を支援したことで、既に戦争に参加している。
ただ、戦略的・戦術的に積極的な戦闘行為をずっと避けてきた。
これをやっていないし、これからもやらないから、違憲では無いというのが現政権の主張である。

戦争したくない!という感情と、問題に対処するのは別である。例えば、PKO活動や戦闘地域からの邦人救出には道義があるし、仕掛けられた戦闘に反撃するのも正当である。

それらの点に関しては憲法を改めるべきだと思う。だが、同盟の名の下に米国の道義の無い戦争行為に加担するのは全くもって義に反する。我が国全体がそれでも必要だと言うのなら、それもやむ無しだろう。民主主義なのだから。

しかし、それなら憲法改正の正規の手続きを堂々と行うべきだ。
今の「戦争法案」は解釈の範疇を大きく逸脱している。

だが、問題の根っこはそこじゃない。

問題の本質は、何でそんなことをしたいのか?ということなのである。

目的は国防と安全保障だ。

国防のためには抑止力がいる。
こっちが戦おうとしなければ相手も攻めて来ないというのは妄想である。

国連加盟国であり、ほぼ戦力を持たなかったチベットを蹂躙し、虐殺し、民族浄化を進めている国が隣にあるということや、それに対して国連は何も手出しできなかった事実を認識した方が良い。

日本の場合、現在の仮想敵国は主にその隣国であり、または資源・エネルギー供給を脅かすなど経済を致命的に阻害する何かしらの勢力だ。冷戦中はもっと緊張状態が大きかった。

その国防を安全保障を他国任せにしている現状をどうするかの問題だ。

他国任せにしている以上は自国都合だけではどうにもならない。対価が必要である。
国内に基地を提供し、資金も出さなければならない。

そして、現政権はそれに加えて米国が世界中で行うあらゆる軍事行動にまで支援をしなければ、米国に見捨てられるとまで思っている。真面目に。
それでも、隣に有名な格闘家が住んでいるから暴漢が来たら守ってくれるだろう程度のな淡い期待しか持てないというのに。

周辺有事を恐れ、過剰に親米追随する現状こそを議論すべきなのである。

自前でやるのか、明確な線引きをやるのか、日米地位協定を見直すのか、安心して平和に暮らすためにどの選択肢を選ぶのか。
安全保障に対する主権を回復するのが先決だ。

その覚悟も無いくせに戦争したくなくて震えるな!

そうじゃないと、道理も義も無い戦争に本当に巻き込まれるぞ。