バスフィッシング修行日記

普段の釣りからトーナメント参戦記などなど立派なトーナメンターになるための修行日記♪




テーマ:
春のバスの動きが終わり、中々伝え難い部分が多かったですが…






次に夏を書いて見たいと思ってます!








自分の中での夏は2通りのバスが居て、






まずはシャローのバス!

水の動く岬周りやシェードを作り出すカバーを狙ってテキサスなどで狙う釣り、または虫を喰うバスを狙ってちょうちん釣りやサイトの釣りで狙う。



自分はこのシャローの釣りが得意で、ずっとやって来ました。





しかし、こういったシャローの釣りはプレッシャーに弱く、トーナメントではプレッシャーのかかった魚を釣るのは結構厳しい汗



また、フィールドによってクセがあり、通ってクセを掴む必要があります。













もう一つがディープの釣りです。

夏にディープ!?って以前は思っていて、中々やらなかったんですけど、あるきっかけによって、やることになりまして、まだまだ発展段階で、詳しい話は出来ないですが、確実にディープに落ちる魚はいます!




もしかしたらシャローに残る魚より落ちる魚の方が多いのではないでしょうか・・・












初夏では、シャローに残ってる魚が多いですが、段々ディープに適水温を求めて下がる魚とシャローに残って、少しでも涼しい場所を探して動く魚に分かれます。





真夏になるとその傾向はよりハッキリとして来ます。





真夏になると表面水温が上がり、フィールドによってはアオコが発生します。




こうなるとバスはより水の動く場所に動く傾向にあると感じます。





バックウォーターやディープの流れがある場所などに依存することが多くなります。




このように夏のバスは同じバスでも2種類に分けることが出来ます。



{38B283BE-6281-4177-8DBC-E0F40858394E}




次は秋書きます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
春バスも3回目になりました、




前回に引き続き、スポーン絡みです。


{A2307F23-A039-4F4E-BE4F-056B33AE5665}




前回はシャローに差してからスポーンまででしたが、今回はスポーン終わってから夏に移るまでの行動を自分の考え方を書いて見ますニコニコ







スポーンが終わると、疲れたメスはスポーンエリアの近くに止まりウロウロしていて、全部排卵が終わって無いメスは2回目、3回目と続いて産卵して行きます。




その間はオスはベットを守ってるのはみんな知ってると思いますので、省きます。





バスは人同様に色んな行動をします。






シャローに留まり甲殻類を食べる魚、ミドル・ディープに下がる魚、またはシャローに残ってまだまだ産卵をする魚!








自分の狙う魚をしっかり定めらことが最も大事と思っています。







ミドル・ディープに落ちた魚を狙うことが苦手な自分はもっぱらシャローですが笑い泣き








スポーンが終わり、夏に移るまでが日本の時期的に梅雨と被り、割と釣れやすい状態にあります。







そのため、狙う魚をより明確にしないとサイズアップ出来ません。




産卵絡みの魚を狙うのであればより産卵場所に近い所を、夏に近い魚を狙うのであればより水通しの良い所を狙います。








徐々に産卵絡みの魚が少なくなり、夏の魚が多くなり、夏に向かって移って行きます。








産卵をする魚は見えないだけで、経験と話しを聞く限り秋まで産卵すらやつはいる。












では、次は初夏から夏に向かってのバスの動きを書きますニコニコ






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
意外にも多くの方が見てくれたことにびっくりびっくり

ありがとうございます照れ






前回の①ではバスがシャローにさすタイミングを書きましたが、今回はさした後からスポーンする所までを書いて見たいと思いますニコニコ






シャローに差したりレンジ落としたりを繰り返して、春になって行くのですが・・・





じゃ、どのタイミングで産卵するのか、またどこで産卵するのか!





大体の人は知ってると思いますが、産卵で一番大事なのは水温だと思います、二番目には潮で、それからは水位などとなります。






場所についてはハードボトムが断然に良くて、それに木などのストラクチャーがあればベスト、それから泥底でもストラクチャーがある場所でもスポーンしますね。これについては、実際に見た方が勉強になります。






あっさり言うとこうなります。




これくらいのキーを押さえればバスの居場所はその付近になりますので、後は釣るだけ!


{E47779BD-7F29-426F-81DF-280D5D9F5030}

こんなお腹のバスが釣れますニヤリ













もう少し詳しく言いますと、シャローに差してからスポーンに至るまでにエサ食べたり、潮の関係もあってウロウロする期間があると思っています。



サイトしながら岸際通ると良くペアで岸沿いをクルーズしてます。






そう言うやつはスポーンのタイミングを見計らってるやつと思ってます。



ちなみに結構簡単に釣れますグラサン


見える魚はダメだなんて人にも試してほしいですねウインク






それから見えないだけで少し深いレンジをペアでクルーズしてるヤツもいますが、これはちょっと自分には手強い滝汗





自分が度々ウロウロ系と書いてるのは全てこの様なバス。



スポーン始まるまでのやつは食い気も他よりあるので、割とイージーですが、スポーンに入ってしまうとなかなかそうは行きません汗







スポーン真っ最中の魚を釣るのは色々意見ありますので、今回は触れません。






ザッとこんな感じです、春のバスを攻略するキー
はスポーン。

見て、考えて、感じてを繰り返し、魚の動きを掴んで下さい!


{7278690E-A221-4F2F-8A21-2BCC2D8FBBF9}

ちなみに桜が散ったらスポーンが始まると言われてますが、自分の行ってる大体のフィールドは合ってるかもびっくり






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
始まりました、バスの釣り方!

春夏秋冬の順に書いて行きたいと思いますウインク





自分のバス釣りに対する考えを先に述べると、『いかにシンプルに簡単にブラックバスを釣るか』が自分の求める究極な所プンプン





その中で、今回は春バスの動きから書いてみたいと思います。




春はバスにとって最大のイベントである産卵があるのは皆さんご存知だと思います。




しかし、まずどのタイミングでシャローに上がるかを今回は書いてみたいと思います。





メディアでもちょくちょく出て来ますが、冬から暖かくなって来て、シャローに上がったバスはパクパク捕食して産卵に備える。






簡単に言ってしまえばそれまで。それで終わり。







しかし、毎日毎日暖かい日だけでは無いし、日照時間によってもシャローにさす魚も変わってくる。






では、どのタイミングで上がるかと言うと、日によって違うと自分は思っている。


最低水温から10度前後でシャローに差し始めるなんてのも言われていますが・・・



日本の場合はとりあえず季節を目安にすれば良いかと思います!




上がったり下がったりを繰り返して、完全にシャローに上がりきるまでの期間があり、これはフィールドごとで違うため、自分の通うフィールドの上がる大体の日にちは把握しておきましょうビックリマーク





大体自分の通ってるフィールドでは上がり始めるのが2月中旬から3月中旬あたりまでです。



もちろん、その中で寒波が続くようであれば1.2週間遅れるし、暖かい年であれば1.2週間早まることもある、だからフィールドに出て水温見たり、状況を確認する必要がありますねニヤリ









大体のフィールドでは4月にはシャローをやってれば間違い無いということになります。




東北などの寒い地域は別として・・・滝汗









では、その日の中でどのタイミングで魚が上がるか、魚に聞かないとわからないですが、自分の感じてる魚の動きは日光による水温の上昇が大きく関係しているように思います。





無風の良く晴れた日、3月だと日中15度くらいまで上がる日などでは、朝冷え込んでいてシャローのカバーとかにはまだ差してなくても、昼頃になると、どんどんシャローに差して来ます!




また、いくら4月に入ったからと言っても、ずっと曇天で気温も10度くらいではシャローに上がる魚も極端に減ります。






何を言いたいかと言うと、春のバスはその日、その時間によって魚はポジションが違うと言うこと。





朝は5.6mラインにいた魚でも暖かくなればシャローに上がり捕食、またはペアを探しています。




その時間に合った釣りをしないと春バスは攻略出来ません。








タイミングは自分で模索し、良いと思った場所に入って魚を釣る、全てはここからです。





魚の上がるタイミングで入って、完璧な魚が釣れれば自分の釣りに自信が持て、より釣れるようになります。






一方、全く釣れなければ、それはそれで、タイミングを変えてみる、日にちを変えて見る、などと釣れるまで試行錯誤を繰り返してやれば絶対うまくなりますし、バスの動きが手に取ってわかるはず!





この自信をたくさん持てる人が俗に言う釣りうまだと思っています。













表現し難い部分たくさんありますが、
言いたいこと分かってもらえると嬉しいです照れ






{D23F44F5-6BE5-41C8-8C56-E3D7F4977AD7}




とりあえず今回はここまで。


次に続く・・・







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
不定期更新、試合の結果などしか書いてないブログですが、それでも毎日何百アクセスもある事にびっくりびっくり




と同時にありがとうございます照れ





ネタの少ない冬ですので、ちょっと自分の考える釣り、シーズナルなバスの動き方、などを書いてみたいと思います。




完全に自分がトーナメントやプライベートでやって来て思ってる、感じてる、考えてることですので、クレームは受け付けません笑い泣き





またこれも不定期更新になると思われますので、よろしくお願いしますチュー


{E1C88115-DB18-4D03-927E-5ACE48235A24}




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。