分かるって大人も子どもも大切! | アンジェ-Style  ワーキングマザーのザックリお片づけ!@渋谷・世田谷

アンジェ-Style  ワーキングマザーのザックリお片づけ!@渋谷・世田谷

渋谷・世田谷エリアを中心に活動しています。整理収納アドバイザー・アンジェこと橋場陽子です。
ママの笑顔をサポートするお片づけLessonを行っています。
自分自身キラキラしたいから、そんな時間をブログで紹介できたらと思ってます。


テーマ:

 


次回開催! ファミ片2級 お申込み受付中!
メルマガ特典で受講料割引あり!

 

2018年10月23日(火)

 親・子の片づけインストラクター2級認定講座

 
 
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
アンジェこと橋場陽子です!
 
 

先日、私のアドバイスをヒントに行動された

お片付けサービスのお客様か

面白い話を伺い、ブログネタにして下さい!

との事でしたので、公開しますウインク

職場で何度言ってもキッチンを濡らして拭いてくれない

スタッフがいたそうなんですショボーン

ただ、あることをしたら 

まさかその日から拭いてくれるという奇跡がキラキラ

 

本当に簡単な事だったのです!

 

 

順を追ってお話しますね~ニコニコ

 

子どもの頃、アンジェのママは

食器を拭くふきんに「食器用ふきん」とマジックで書いてました。
ママは鍋で煮沸消毒もしていたし、

ふきんの素材も他のと違うのになぜ書くのだろう?

ダサい!

とまで 幼心にアンジェは思っていました。

大人になって、

「洗って使う雑巾に降格したタオル」

「普通に使うタオルや手拭き」

を見分けるために

「ぞうきん」と書くように鉛筆

 

見えますかね~右がぞうきんです!

 

かなりダサいのは目をつぶって下さいニヤリ

 

 

やっぱりすぐに分かるって大切で。

いまも実行しています。


お客様には楽をして欲しいのでアドバイス!

 

お客様にも

 「もし気にならないなら、是非『ぞうきん』って書いてくださいね~」

というお話をしました。

数日後、

お客様はそれを思い出して、職場のふきんに
「Coffee」と「table」

のようにふきん自体にマジックで書いたそうです。

 

すると、一度も拭いてくれなかったスタッフが、

その文字をみて、

突然自主的に拭きだしたそうです!


拭くということは分かっていても、

どっちがどっちのふきんだったか分からない

=聞くのが面倒

やらない 

につながっていたのですね!

パッと見て、分かった=やる という奇跡が起きました乙女のトキメキ

 

何が言いたいか?って。  

口で言われても、分からないと思うと

やらないのは大人も子どもも同じ!

お片付けも同じです

 

大人も子どもも分かることでお片付けが出来るようになります。

その基礎を「ファミ片2級」でお伝えしてます。
また、皆様のお子様の年齢も違いますので、

その年齢ごとの関わり方も講座の中に盛り込んでますまじかるクラウン

 

学ぶことで、ママ自身も気づかされることがあります。

実は私がそうでした)

 

子ども達が笑顔で片付けをしてくれるように

親・子の片づけ~を学んでください!

 

親子の関係まで変わったアンジェがお伝えしますおすましペガサス

 
 
 

 

2018年10月23日(火) 

 親・子の片づけインストラクター2級認定講座

 

メルマガ特典で受講料割引あり!

 




お会いできる日を楽しみにしていますラブラブ


アンジェ

 

アンジェさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス