プラネタリィアート【自在】  

 
 
自分自身の在り方を知り、
 
 
 
自己価値を高め 
 
この世界で自分自身を活かす道の上に 
 
立てるように 
 
 
 
との祈りを込めて描いています。
 
 
 
 
 
京都宇治田原にある 
 
 
 
 
 
の花天井画 
 
 
 
 
 
 
 
描いて奉納できる人を 
 
公募されてるのを知ったのは 
 
昨年の5月頃。 
 
 
 
京都の宇宙博に来てくださった方が  
 
正寿院と関係深いかたで 
 
わたしのマンダラアートをご覧になられ 
 
 
 
その画像を 
 
正寿院の副住職さまに 
 
お見せになられたのが始まりです。 
 
 
 
 
7月に天井画になる杉板に 
 
どうやったらパステルの乗りが 
 
良くなるのか 
 
 
 
繋いでくださったかたと 
 
打ち合わせをして 
 
 
 
8月~9月にかけて 
 
杉板に練習。 
 
 
練習した杉板を 
 
正寿院へ持参したのは9月の終わり。 
 
 
 
実際に客殿へ上がらせて戴き 
 
 
 
40㎝×40㎝のアートが 
 
天井に並ぶことをイメージし 
 
 
 
・はっきりした色彩で描くこと
・影が出来る部分を配慮すること 
 
 
を心掛けることを決めて
 
 
11月から製作に取り掛かり 
 
12月末にプラネタリィアート【自在】を 
 
奉納しました。
 
 
 
 
 
昨日は、 
 
その花天井画 公開初日。 
 
 
 
 
京都駅に貼ってあった 
 
新聞にも 
 
 
この天井画のことが載っていたそうで 
 
訪れると 
 
たくさんの人で、 
 
賑わっていました。 
 
 
 
 
 
全部で160枚の花天井画 
 
 
 
 
とても華やかでした。 
 
 
 
わたしのプラネタリィアート【自在】は、 
 
 
 
奥の猪目窓(ハートの窓)に近い 
 
照明の横 
 
 
 
 
 
照明を中央にして  
 
周り4つの位置が 
 
意味ある位置らしく 
 
 
 
 
そこに置いて頂いたと知って 
 
本当に感謝でいっぱいでした。 
 
 
 プロフォトブラファー金高洋子さん撮影 
 
 
 
桜が美しい この季節に 
 
京都にお招き戴き 
 
 
 
天井画の完成を 
 
たくさんの方と分かち合い 
 
幸せな時を過ごしました。 
 
 
 
お世話になりました、 
 
関係者の方々。 
 
 
 
ご同行戴きました、 
 
皆さん。
 
 
 
本当にありがとうございました❤ 
 
 
 
 
正寿院客殿天井画は、 
 
いつでも拝観できます。 
 
 
 
どうぞ、ご高覧くださいませ。