こんにちは!

魂セラピスト英語コーチのMitoです。

 

先日&昨日、英語の勉強の仕方についてのシリーズ1と2をブログで投稿しています。

興味のある方はぜひシリーズ1から読んでみてくださいね♪

シリーズ第一弾ブログ記事

シリーズ第二弾ブログ記事

 

今日は、ある程度の期間英語や英会話を学び、日常会話ならほとんどOk、仕事でも使うわよ♡という

中級の方で、

さらに!真剣にもっと上へ!

英語の上達を目指すあなたへのメッセージ♪

 

じつは!中級から上級になって行く過程が

一番自分の英語力の伸びが感じられにくいものです。

 

なんぼやっても、ぜんぜん上手くなれない。とか、

何年やってんねん、私。とか

思ってしまう方も出てきやすいのがこの頃です。

 

恋愛でいうと多分倦怠期みたいなものかな?と思います(笑)

英語と自分との倦怠期♡

きゃー♪♪

 

この倦怠期の時に、英語から離れてしまったり、

諦めてしまう方も実は出てくるのです。

 

でもね!

そこを過ぎたらパラダイスが待っているー♡

 

さあ、英語の倦怠期をどんな姿勢で乗り越えるのか?

行ってみよー!

 

1.英語で話す時は、ネイティブになったつもりでコミュニケーションしよう!

 

頭では自分がちゃんと話せていないと思っても、

少々間違えても、

「私はガイジンよ♡」っていう感じで、

背筋を正し、胸を開いて、顎をちょっと引いて(想像の中で鼻はガイジンみたいに高いねん♪)

BIGスマイルで、話し続けるのです♪

 

体から、動作からの思い込みって大事!

 

「私は話せてる!」というのを、

態度から、声の張りから、自分自身へ思い込ませるだけで、

知らぬ間に自信回復しちゃいます。

 

なんでか?

 

上手だろうが、下手だろうが、練習した分だけ上達するから。

自信をなくすと人は行動もやめちゃうことが多いから。

 

少し立ち止まっても、また歩き出す。

 

行動= 英語を話すこと を止めないのが大事。

 

Keep going♡

 

 

2. 100%一語一語を理解できなくて大丈夫!

 

これは人と対話している時、ミーティングに参加している時などのライブで

「聴いて話してしている時」にも当てはまり、

動画を見ている時、インタビューや講義をオーディオで聞いている時など

録音されたものを「聞いている時」にも当てはまります。

あと、雑誌や新聞を読んでいる時、

テキストなどを「読んでいる時」にも当てはまります。

 

対話している時:

6割から7割の意味が取れるのであれば、それで大丈夫!

あとは、そこから推測していく練習、文章の前後から意味を想像する練習をするだけ

その中でどうしてもわからない単語が出てきたら、その単語の音をリピート/マネして、相手に意味を尋ねてください

もう少しわかるように英語で説明してくれたり、類義語で教えてくれる人が一人はいるはず!

そうやって新しい単語を覚えていくのもテクニックの一つです。

 

録音されたものを聞いている時:

ぜひメモを取りながら聞いてみましょう。

絵でも殴り書きでも良いので、要点をメモる。

なんども繰り返される単語や表現をメモる。(スペリングが間違ってても気にしない)

そうやって、要点をメモりながら、何度も聞きます

字幕があれば、英語で字幕を読んで自分の理解と照らし合わせます

 

正確さを追求する方は、ここからもう一歩踏み込んでディクテーションをしましょう!

その後赤ペンに持ち替えて、英語字幕と照らし合わせ、どこを間違えているのか?を自分でチェック。

その後、正しい英文を声に出して音読、または朗読する。

これをすると、自分が聞き取りづらい文法や言葉を知ることができて、

英語力が4技能(聞く、話す、読む、書く)ぜんぶぐんとUPします♡

 

読んでいる時:

対話と同じで、6割から7割の意味が取れたら大丈夫!

1語1語の意味よりも、「誰が?」「した=動詞」「何を?」のSVOをひたすら掴んで行く

 

多くの書き言葉はSVO         S           V                   O           .

 

のように、0がひたすら長かったり、

短いSVOがthatやwhichなどを糊として、何文も細切れに繋がっているだけで、

複雑に見えてシンプルだったりします

 

私は英語専攻の短大から同じ学部学科の4大の3年次に編入しても尚、卒業してから24歳で留学するまで、

ずっと一語一語を辞書で調べては本に直接書き、ページが真っ黒になるくらい。

 

それでも、意味がなかなか取れず、

ずっとTOEICなどでもリーディング力は上がらず、

英語専門の勉強してきたのになぜこんなんなんやろ??と

半ば諦めていた時期があります

 

その時すでに英会話レッスンや大学での授業や留学生たちとの交流のおかげで、

少しは話せるようになっていたけれど、本が読めなかったんです。

コンプレックスでした。

 

留学してリスニング力が上がるとともに急に読めるようになりました。

それは、周りの人と英語で対話しないといけないし、テレビも何もかも英語。

正しいコミュニケーションのために、

「誰が?」「した=動詞」「何を?」

SVOをリスニングでひたすら掴んで行くしか術がなかった。

 

そしたら、リーディングでも一語一語に意識を向けずに、かたまりで読めるようになって

 途端に意味がわかるようになりました。

そしたら、読むスピードも上がり、英語で何かを読むことも楽しめるようになりました。

 

最初からすらすらと読めたわけじゃないんですよー!!

そして最初から話せたわけでもなし。

「英語を話せるようになるぞ!」というパッションとともに、

trial&errorを重ねたからです♡

 

3. 辞書と参考書を前よりも見なくなったら上達の証♡

 

辞書は、中級の真ん中くらいになったら、英英辞書がオススメです

とくに外国語として英語を学んでいる学習者向けの英英辞書

 

↓の英英辞典がおすすめ

 

Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary

英語で英語を理解できるようになるのが上達の鍵です。

 

そこから進んでいって、「そういえば最近辞書を引かずに済ませることが増えたなー。

まぁ、いっか。だって意味はわかるし。」という感じで、

辞書を引く回数が減ったり、参考書を見返す機会が減り、

なおかつ英語でのコミュニケーションに問題を感じないようになってきたら、

上達の証♡

 

レシピ無しで自己流にアレンジしながら

料理ができるようになるのと同じ。

 

たまにレシピを見返すように、たまに辞書で確認したり参考しで確認すると、

さらにそこからまた上達できますね♡

 

新年!英語力を上げたいという方の中で、集中的に学びたい方。

新しいコースを出しますので、ぜひお楽しみにしていてくださいね♡

 

 

 

・Amato Holistic Healing/心と体の癒しサロン「あまと」→

・オーダーメイド英会話 English salon Amato→

・コンシャスダンス:5リズムの自主練会 京都5リズムスエット☆次回は、1/18(土) 18:30-20:30 →

 

登録者様50名になりました!みなさま、ありがとうございます♡

メルマガ(インナーライトケア通信)もよろしくお願いします♪

メルマガ読者様限定のコースやセッション、割引なども積極的に行なってます♡

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/111724