ある日、突然、「家が燃えている」と連絡がきたら…。

 

一瞬、時間が止まります…。

 

16年ほど前…。

 

はっ!?

なんと奇遇な…。16年前とは…(笑)

 

忘れもしない、16年前の6月29日の夜…。

家が焼けましたメラメラメラメラメラメラ

(原因不明なままです。恐ろしや…。)

 

その日は、妹の車で一緒に出掛けており、私の車は家の前に…。

 

家の中にいると思われて、心配した友人が私に連絡を取ろうとしていたようなのですが、その時、たまたま私の携帯の充電が切れており…、死んだと思われましたあせる

 

…携帯の充電が切れると、いつも何かが起こるので、注意して切らさないようにしています…。

 

皆さん。ご安心ください。

 

有事の際は、市町村の職員さんがすぐに来て、ちゃんとフォローしてくれますよ。

(その日の寝る場所とか、いろいろ)

…大災害は無理ですけど…ショボーン

 

 

 

魏嬰から、それとは知らずに「金丹」をもらい、目覚める前の江澄の夢…。

 

   

虞夫人の目から流れる血が怖い…ガーン

 

自分の家が盛大に燃える夢…って、辛い過去から立ち直り、新たなる未来を再生する的な意味合いがあるらしいです。

…くすぶって煙の方が多いようなのはあまりよくないみたいですが。

 

若かりし頃、夢占いに凝ってて、色々読んできた書物を総合して、いつものように勝手に解釈(笑)

江澄の場合、実際に蓮花塢を壊されているので、夢占い的なものには当てはまらないんですけどね。

 

 

一方、魏嬰は…。

 

跳ね起きるほどの、うなされよう…ガーン

   

怨気に苛まれ、夢占いどころの話じゃない、うなされよう…

 

…哀しいので、2回言って、強調。

 

前世での出来事なのに、未だにうなされるなんて…。(3回目…ふっ)

 

こんな風に、がばっ!と目覚めた事、長い人生の中で、一度しかないです。私は。

交通事故のフラッシュバック…みたいなもので「ぶつかる!」ってところで目が覚め、跳ね起きました。

こんな起き方、本当にするんだ…ってぐらいの勢いで。

 

 

多分、同じ部屋で藍湛が寝ていると思うのですが…。別の部屋なのかな?

どっちにしても原作では、よく、同じ布団に寝てますね(笑)

 

…って書くと、いかにもな感じがするけれど、魏嬰は藍湛に動けないように術をかけられた状態なので、何もありませんよ爆  笑ラブラブ

 

上に乗ってはいるけれどニヤリ

 

藍湛は…、早起きできないほど酔っぱらって、眠りこけています…。

 

その藍湛が起きてくるのを待つ間に…。

   

世家の公子ごっこをしている子供たちが出てきますが…。

(ラジオドラマでも子供たちが騒いでいたので、原作にもあるシーンなんでしょうね)

 

これは朝の出来事ですか?

 

「ご飯も食べずに遊んで!」とおば様から叱られますが、何ご飯か言ってないので判断できず。

朝っぱらから、こんなに本気で着替えて遊び呆けているとも思えないので、お昼…

 

お昼!?

 

…だとしたら、藍湛は昼すぎまで眠りこけていたということ!?って思い…。

…でしょうね(笑)

 

 

前世で、玄武洞で別れて以来…。

   

 

傷ついて倒れた魏嬰が目覚めるたびに…。

   

 

 

  

 

   

 

傍にいるのが藍湛じゃなくて、残念だったのですが…。

師姉はともかく、金子軒って…(笑)

 

 

16年後は、目覚めるたびにいつも、傍に藍湛がいて…。

 

   

 

「静室」二連発ラブ

 

   

 

 

私的にとても満足ドキドキ

…お前のために目覚めてるわけじゃない、という声は無視(笑)

聞こえな~い。

 

家で一人で観ている限り、これは私の『陳情令』ラブラブ

 

どう観ようが、どんな想像しようが、ドキドキドキドキドキドキ

   

 

 

…で・も。

公にだしている限り、何とか〆なきゃいけないの(笑)

 

 

…はい!

今、しっかりと目が覚めました!

 

また、今日も一日頑張ります(笑)

 

 

「陳情令」おすすめアイテム❤