本当は、ブライダルチェックのような検診で、あらゆる詳細な検査を受けるのが望ましいのですが、そういった検査を受けるチャンスが無かったり、どうしても時間を作れなかった場合、妊娠前に絶対行っていただきたいのは、子宮頸がんと乳がんの検査です。

 

6

 

どちらも初期発見があると完治できる可能性がありますが、進行した状態で診断されてしまうと、もし妊娠している場合、その妊娠、つまり赤ちゃん自体を諦めるという悲劇はおろか、自分自身の命さえも危険にさらされてしまうことになります。

 

 

子宮頸がんの場合、進行してしまうと、子宮を全摘出しなければならなかったり、さらに転移していると卵巣も一緒に摘出、ということにもなりかねません。

 

 

それでも命が助かればよいのですが、もちろん知らずに放置された状態だと、市にも至ります。

 

 

発症時は自覚症状がまったくありませんから、定期的に検査を受ける以外、病気を知る手段はないのです。

 

 

子宮頸がんと乳がんの検査は、できるだけ毎年1回受けてください。

 

どんなに忙しくても、何があっても、それが初期発見の鍵となる真実なのですから。

 

4