男性不妊

テーマ:

20

 

「妊娠しない」という現実に対して、とかく原因は女性側にあるように考えてしまいがちですが、何と、およそ4割は男性側が原因ということが分かっています。これを男性不妊といいます。

 

 

頭を抱える男

 

またまた、今更ながらの当たり前のことなんですが、妊娠が成立するためには3つの要素が必要となります。

 

それらは、「卵子」、「精子」、「子宮」です。

 

 

 

卵子と精子が無事出会って受精し、受精した後にできた「受精卵(胚)」が子宮内膜に着床(妊娠成立)しなければなりません。

 

 

 

ですから、これらの3つの要素が揃わなければ、「妊娠」という第一歩が成立しません。

 

 

 

 

これは、とっても当たり前のようなことですから、「なんだ、そんなことは誰でも知っている」と思われるかもしれません。

 

しかし、厳密にいうと、これは「生殖力のある卵子」と「受精卵が着床可能な子宮」と「受精能力のある精子」が必要である、と言い換えることができます。

 

 

 

もちろん、女性が担当するのは、いうまでもなく、このうちの「卵子」と「子宮」です。男性が担当するのが「精子」です。

 

 

 

次回は、男性不妊について考えてみましょう。

 

考える人