13

 

一般検診だけではなく、と考えている場合は、その旨をはっきりと医師に伝えましょう。

 

個々のケースに従って、あるいはあなたの年齢に従って、医師が指導をしてくれるでしょう。

 

 

多くの医師は「基礎体温表をまずつけてきてください」と指示することがあります。

 

これは、意味のある基礎体温表を得るまでに、少なくとも月経周期の2周期分が必要となりますので、およそ2か月を要することになりますので、思い立ったらすぐつけ始めましょう。

 

 

 

 

基礎体温というのは、風邪を引いて熱が出た時などに使用する体温計とは全く別の、「婦人体温計」を使用します。

 

薬局で市販されており、毎朝起きた時に、口に含んで数分間計測するタイプのものが主流です。

 

最近では簡単に計測できる電子婦人体温計も市販されていますし、コンピュータ内蔵の自動記録・グラフ表示機能が付ているものもあります。

 

 

 

 

もし、あなたが既に37才以上の場合は、悠長に2か月間の基礎体温データを売るのを待っているわけにはいきません。

 

その間になにかできることはないか、積極的に進められるよう医師と予約可能な必要検査などを相談するのも有効な手段の一つです。

 

8