20

 

子宮の粘膜を拭い取り、検査に出すことで、子宮頸がんの検査を行います。

 

簡単に終了できるのに大変有効な検査であり、20代から、できれば毎年検査するのが有効です。

 

内診の際に併せて行われることが多いでしょう。

 

 

 

子宮頚部粘膜テストはクラミジアの検出を行います。

 

 

 

尿検査は、糖尿症状が出ていないか、感染症がないかを確認します。

 

 

 

 

一般的には、ここまでに述べたような検査が行われますが、ほとんどの方は「異常なし」という結果が出されることでしょう。

 

うしたら、まずは第一関門突破です。

 

26