卵巣は2つある

テーマ:

7

 

自分自身の身体のことなのに、卵巣やら子宮やら、ということについては何となく恥ずかしくて、保健の教科書に出ている図解などをサラッと見ただけ、という女性も多いと思います。

 

 

ですから、とてもよくあることなのですが、女性の体の中には、卵巣が左右に2つある、ということを不妊治療するまで知らなかった、という方が意外と多いのです。

 

 

毎回の生理で、排卵は、右と左の卵巣のどちらかから交互に行われます。

 

理想的には、もちろん、両方の卵巣が健康で正常な卵巣であることです。

 

両方が正常でなくても、どちらか1つが機能していれば妊娠の可能性は残されています。

 

生理の時、あるいは排卵の時期に下腹部痛がある場合、右側寄り、左側寄り、と痛みがどちらかに偏っているばあいは、それを医師に伝えてください。

 

受胎告知

 

 

それから、教科書で図解を見ても、具体的にどのあたりに卵巣があるのか、というのは意外につかめませんよね。

 

卵巣は膣の奥に近い当たりの左右にあります。

 

痛みがある時は、背中の痛みのように感じる方も居られます。

 

こういった具体的な痛みについても、気づいたことは医師に伝えましょう。

 

 

 

出血量についても、立ち眩みや眩暈がするほど大量の出血がある場合も、専門医を受信した方が好いでしょう。

 

我慢できないような痛みが伴っている場合はなおさらです。

 

何の疾患もないのにそういう症状が出る方も居られますが、念のため、子宮内膜症や子宮筋腫などの問題がないかどうかを、専門医に診てもらいましょう。

 

キューピッド2