妊娠適齢期

テーマ:

17

 

 

妊娠適齢期とはいつなんでしょうか?

 

 

 

生物学上では、10代の終わり頃なんですが、それでは21世紀の女性のライフスタイルには全般的に合うとは思えません。

 

それでも、できれば20代に妊娠・出産するのが望ましい、ということになります。

 

 

 

アメリカの体外受精の統計によると、女性が30才未満のうちに体外受精を行うのが一番成功率が高くなっています。

 

ある生殖医療センターの例では、胚盤胞という、発育が進んだ段階の受精卵を2個移植した時の成功率は、1回の肺移植でおよそ75%という成績を上げています。

 

空飛ぶ風船

 

 

20代の女性の卵子の生殖力が極めて高いため、卵子提供プログラムでは、卵子ドナーの年齢を30歳未満としているところがほとんどです。

 

しかし、アメリカではおよそ20%の女性の初産が35才以降になっているというデータがあります。

 

日本でも30代で初産という傾向が非常に高くなってきています。

 

 

 

つまり、逆にいえば、まだその年齢でも産める可能性は大いにあるということになります。

 

1