卵子老化の原因

テーマ:

女性は誰でも母親の胎内にいるうちに、自分が持ち得る卵子を与えられ、自分が持ち得るだけの卵子を持って生まれてきます。

 

そのため、それらの卵子は、人間の身体の他の細胞のように新しいものがどんどん作られてくるのではなく、生まれ持ってきたものがそのまま老化していきます。

 

女庭師の聖母

 

通常女性は約200万個の卵子を持って生まれてくるといわれています。

 

それが10代で初潮を迎える頃には相当数が既に消滅している状態になっていて、約20万個程度になっているといわれています。

 

 

 

所長を迎えてから、毎月の生理のたびに一定数の卵子が排出され、失われてゆきます。

 

排卵をするのが1個の卵子だったとしても、毎月、両方の卵巣の中に複数の卵子が現れ、その中から普通は1個だけが大きくなり、排卵するのです。

 

そして、残っている卵子は刻一刻と老化していく、というのが卵子の状況です。

 

すべての卵子が排出されてしまった時点で閉経となるわけです。

 

ただし、最後の卵子が、「妊娠可能」な、つまり胎児として育っていき、出産に至ることができるような受精卵を作れる卵子であるとは限りません。

 

発芽1

 

こんなに生殖医療が進んだ現在でも、生まれてくることができるような生命力の元となれる最後の卵子が排出される瞬間は、誰にも分からないブラックボックスなのです。

 

 

 

本当に不公平な話ですが、加齢があっても新しく生成できる期間が長い男性の精子と違って、卵子は排出して失われてしまうだけで、新しく体内で作り上げたり、老化現象を起こしている卵子を若返りさせてあげられる技術は、今日でもまだ世界中どこにもありません。

 

ダビデ