F4

 

21世紀の最先端医療のひとつ、高度生殖医療の一般化で、子どもを産むための「不妊治療」の選択肢の幅は拡大しており、配偶者間の体外受精は広く一般化しています。

 

また、卵子提供プログラムや代理出産プログラム、着床前遺伝子診断などは日本国内ではまだ一般的には認可されていないものの、米国をはじめとした国々では、一般不妊治療の選択肢の一つとして広く行われています。

 

 

 

そのような究極の新しい選択肢があることを念頭に置いたとしても、女性がまず望むのは、やはり自分の卵子と自分の子宮で妊娠・出産を行うことです。

 

その原点に戻って、まず何を知っておかなければならないかを考えてみましょう。

 

17

 

まず、「妊娠適齢期」について理解しましょう。

 

 

一番妊娠しやすいのは、実は10代の終わり頃なんです。

 

20代を経て、30代に入ると、加齢とともにどんどん生殖力が衰えてゆきます。

 

しかし、現代の社会は10代で出産するのは厳しい世の中になっています。

 

社会的にも精神的にも「大人」になって子供を育てる責任をきちんと遂行できるのは、年齢がもう少し高くなってからです。

 

今の社会では、30代になってから妊娠を考える女性が極めて多くなっており、40代になってから初めてそのことを考える女性も多いのが現実です。

 

そんな段階になってみると、身体の方は残念ながら生殖力が衰えてしまっているという生物学上の事実にぶつかってしまいます。

 

不妊治療に携わっている生殖医療の専門家の方々は、この身体的生殖力のピークと精神的・社会的な立場から親となる準備ができる年代との間のギャップを埋めるために存在しているのです。

 

梅2