2

 

卵子ドナーや代理母を依頼する非配偶者間生殖医療プログラムや、着床前遺伝子診断プログラムなど、日本国内では自由に参加できないプログラムについて考えるとき、大きな不安があるのは当然のことだと思います。

 

 

経験者がその経験を思い悩んでいる人に伝え、不安を解消する一助にできればよいのですが、日本国内で認可されていないなどの理由で、前述のプログラムを選択された方たちとそのあとに続くご夫婦との間で直接的な交流や情報交換の場を持つことは、社会的側面の理由からも、とても難しいのが現実です。

 

 

ご自身の選択には自信があっても、いったん子宝を授かった後では、どうしてもその事実を周囲には知られたくないというご夫婦が多いのは理解できます。

 

1