1

 

卵子の老化は不妊の大きな要因の一つです。

 

不妊治療を続けてきたのにも拘らず子宝を授かることができず、治療を止めるか継続するかを悩んでいる方に、選択肢の一つとして海外での卵子提供プログラムをご紹介いたします。

 

 

2

 

卵子提供プログラムとは、子宮には問題ないが、病気や高齢などの理由で妊娠をするための卵子を作ることができない方に、第三者のドナーより卵子を提供してもらい体外受精させる治療のことです。


この卵子提供プログラムは、体外受精・胚移植(IVF/ET)と言われる高度生殖医療(ART)の一つで、卵子ドナー(卵子提供者)から卵子を採取し、採卵した卵子をラボでご主人の精子と受精させ受精卵(胚)を作り、培養器内で2~5日程度培養させた後、奥様(卵子受領者)の子宮内に移植し、妊娠そして出産を試みる不妊治療です。 

 


出産されたお子様は、ご夫婦の実子として戸籍に載ることになります。



ターナー症候群、早発閉経、癌などでの卵巣摘出、子宮内膜症などの病気や卵巣機能低下(高齢による卵子の老化)、卵巣の異常、自然閉経などの方がこのプログラムの対象となります。


しかし現状では、日本国内で卵子提供を受けるのは厳しいといえます。卵子提供を受けるためには、親族や知人に卵子提供者がいなければいけないなどの条件があり、しかも卵子提供を実施できる指定の医療施設が少ないとの課題があり、これまでに数十件程度の実施例しかありません。

 


また日本国内では、匿名の第三者から提供された卵子提供は受けられず、年齢による卵子の老化を理由に受けることもできません。

 

3

 

特定非営利活動法人エンジェルバンクでは、卵子提供プログラムをテイラーメイドでコーディネートしています。

(詳細はこちらから!!