究極の先端生殖医療

テーマ:

13

子宝を授かることを望みながら子供ができないご夫婦は、ホントに沢山おられます。

 

不妊治療を行ってもなお結果が出ない方も多くおられます。

 

そして、究極の選択しに望みを託さる方も年々増えつつあります。

 

 

 

生殖医療の究極の選択肢といわれているのは、卵子提供プログラムや代理出産プログラムです。

 

 

 

ご自身の卵子では妊娠が困難あるいは不可能という女性が、第三者から卵子の提供を受けてご主人の精子と体外受精して得られた胚をご自身の子宮に移植し、妊娠・出産する、というのが卵子提供プログラムです。

 

 

 

また、子宮がんなどの理由でご自身の子宮を摘出してしまったり、子宮がない状態で生まれてきた女性が、代理母に代理妊娠・代理出産をお願いする、というのが代理出産プログラムです。

 

 

 

そして、何らかの理由で卵巣と子宮の両方をなくされたり機能していない場合は、この2つのプログラムのコンビネーションである、ドナー卵子による代理出産プログラムも存在しています。

 

3