14

 

たとえば、あなたがもらう給与には必ず明細が付いています。

 

また、家を建てる場合であれば、詳細な見積書がある筈です。

 

しかしながら、体外受精に関しては、妊娠してもしなくても1回数十万円で、これは固定だという医療機関があります。

 

これは少しおかしな話ではないでしょうか。

 

 

 

最近になって、成功報酬制を導入する医療機関がみられるようになりました。

 

成功報酬制とは、たとえば妊娠に至らなければ、総額から移植までにかかった実費を差し引いた額を返却するという考えです。

 

一般常識からいうと、これは妥当な考え方だと思います。

 

 

 

体外受精の医療費について詳細な明示がないような医療機関は問題だと思います。

 

もし提示がなければ、受ける側から明細を求めてよいと思います。

 

その明細を見ないことには、何回までやろうということが決められないのではないでしょうか。

 

要求しても、提示を渋るような医療機関は論外だと考えてよいと思います。

 

 

 

 

体外受精はライフプランニングですから、何回まで受けるか、いくらまでなら大丈夫かというプログラムを、最初にきちんと作るのは大変大事です。

 

医師の側から治療をストップすることはあまりありませんから、医療側が止めない以上は、自分たちが明確な方針を持って体外受精に臨む必要があります。

 

2