S4

 

 

子宮内膜症などで、腹膜癒着が疑われるケースでは、腹腔鏡の適応になると思います。

 

腹腔鏡検査を行い、そのあと半年~1年の間はタイミング法で妊娠にトライしてみるという選択肢もあります。

 

しかし、これだけIVFが普及してくると、リスクを伴う腹腔鏡よりは、それを飛ばしたいと考える方もあるでしょう。

 

 

腹腔鏡検査は治療費も高額で、IVFまではいかないものの、それに近い額がかかります。

 

そうすると、腹腔鏡をとるか、体外受精をとるかという一つの選択肢もないのではないということになります。

 

一度腹腔鏡の検査をするとしばらくは自然妊娠の確立があがるので、自然妊娠にこだわりたい方や、年齢的に余裕がある場合には、妊娠に近づくための一つの手段として、選択肢に入れてもよいのではないでしょうか。

 

 

 

腹腔鏡検査は、通常全身麻酔下で行う手術に準じた検査です。

 

技術は良いにこしたことはありませんが、気をつけておかなければならないのは、腹腔鏡検査の技術や、それに伴う入院日数は医療機関によりまちまちだということです。

 

入院日数はそれぞれのライフスタイルに直接関係してきますので、自分に合った施設を選ぶことが重要です。

 

m1