セカンドオピニオン

テーマ:

朝顔1

 

ここ数年医療現場では、セカンドオピニオンということが重要視されるようになってきました。

 

セカンドオピニオンとは、主治医とは別に、第三者的立場にあるスペシャルリストにこれまでの経過を話し、今後の治療方針に対して異なった観点から意見を求めることを言います。

 

 

最近耳にした情報では、セカンドオピニオン専門外来を設けた大学病院があるそうです。

 

そこでは、最もふさわしい分野の教授、助教授が対応するということです。

 

 

 

不妊治療程セカンドオピニオンが大切な医療は無いかもしれません。

 

セカンドオピニオンはもとより、時にはサードオピニオンを求めることも考えてみましょう。

 

 

 

しかし、治療を受ける側に於いては、どのような方法で、誰にセカンドオピニオンを求めればよいのか分からないことも多いかと思います。

 

そうした声に応えるべく、地方自治体などで不妊相談に応じる窓口を開設しているところも増えてきています。

 

今後の更なる対応が期待されるところです。

 

海1