卵子のエイジング

テーマ:

朝顔4

不妊の原因の一つに、女性の年齢があります。

 

 

現在、不妊のカップルが増えているのには、いくつかの社会的背景がありますが、最も大きいのは女性の社会進出と晩婚化にあると思います。

 

女性にとっての妊娠適齢期は20代といえます。

 

30歳を超えてから結婚し、仕事の都合などでほんの数年間避妊をすると、あっという間に35歳を過ぎてしまいます。

 

35歳を過ぎての初産は現在では珍しいことではありませんが、35歳を過ぎると、年を追うごとに妊娠しにくくなることを知っておく必要があります。

 

 

女性は生まれた時、既にその体内に原子卵胞という卵子の素を持っています。

 

そして思春期になると、そこから毎月1つずつ成熟した卵子が飛び出し、卵管の中で精子との出会いを待ち、思春期には未熟だったその機能も20代には充実し、30代からは少しずつ卵子の老化という現象が起こります。

 

35歳を過ぎると、その廊下のスピードはグンと速くなります。

 

 

体外授精では、どれだけ質の良い卵氏を得ることができるかが重要です。

 

個人差があるものの、女性の年齢が35歳を過ぎたら、体外受精の順位は高く考えた方がいいと思います。

 

 

男性の方は、女性に比べて年齢の影響はさほどありませんが、精子のコンディションはストレスなどの影響を受けやすいので、仕事の責任が重くなる40代になると、精子の数や状態が悪くなってしまうことがしばしばあります。

 

海4