朝顔2

 

人工授精をどのように肯定的にとらえるかについて考えてきましたが、その一方で人工授精を何回も受けていると、精神的なストレスが強まってきます。

 

 

そのひとつは、ご自身の妊娠力が弱まっているように感じてしまうことです。

 

また、治療を受けることにストレスを感じながらも、治療を休んでリラックスすることが妊娠をあきらめることにつながると思えてしまい、お休みすることができないという自己矛盾です。

 

 

 

人工授精を複数回受けても妊娠に至らないと、体外受精などの高度生殖医療が視野に入ってきます。

 

そして、多くの方が精神的負担抜加えて、経済的な負担が更に大きなストレスになっていると感じられています。

 

 

 

ステップアップするか、ジャンプアップするかは、そのカップルの状況により、カップル自身が決めることが大切です。

 

 

 

人工授精から、不妊治療は健康保険適応外の自由診療となりますなりますので、医療機関によって治療費はバラバラです。

 

注意しなければならないのは、料金が高いからといって妊娠率が高いわけではないことです。

 

 

 

繰り返しになりますが、人工授精をしても、自然妊娠をあきらめないでください。

 

海5