患者の囲い込み

テーマ:

動物8

 

医療機関側の傾向として、一度来院した患者さんを手放さない「囲い込み」という問題があります。

 

技術力や得意な治療法は、医療機関によって異なります。

 

不妊治療の世界での技術は医療機関の企業秘密のようなことも多くあり、一般の人には判断がつかないでしょう。

 

 

不妊治療を始めると、多くの場合、タイミング法から人工授精、体外受精までを同じ医療機関で行っています。

 

しかし、タイミング法を行う医療機関が、必ずしも体外受精のスペシャリストだとは限りません。

 

同じ医療機関ですべてを受ける必要は全くありません。

 

小さいクリニックでは、腹腔鏡のような治療を行うことができないので、必要な場合でも敢えてそれをしないということが現実に起きています。

 

不妊治療がビジネス化している今の日本ではしばしばみられる現象なんです。

 

 動物6