ラボ力

テーマ:

 

 

体外受精は、5つのプロセスのどの段階においても、不具合があっては妊娠が成立しません。

 

 

妊娠を成立させるためには2つの大きな力が働きます。

 

ひとつは、言うまでもなく医師が正しく診断し、治療のスケジュールを組み立て、薬などを投与するといった医師側の力、すなわち治療力です。

 

もうひとつは、普通の治療であれば、看護師が中心となる、看護力です。

 

高度生殖医療においては、もう一つの大きな力は看護力ではなく「ラボ力」です。

 

ここが他の医療と決定的に違うところです。

 

桜3

 

ラボ力のラボとは、培養室のことです。

 

卵子を培養したり、精子を調整したり、顕微授精を行ったりする人達が活躍するラボの力が大変重要なのです。

 

培養室で働いているのは、主にエンブリオロジストと呼ばれる人達です。

 

こうした人達の技術水準、スキルが体外受精の成否を決定づけているといえます。

 

農学部や獣医学部などで学んだ人が多いのですが、卵子や精子を取り扱うプロの集団です。

 

体外受精の成績の優秀な施設ほど、優秀なエンブリオロジストが揃っています。

 

桜1