副作用

テーマ:

F6

 

高度生殖医療は、体外受精と胚移植の2段階に分けて考えなければなりません。

 

移植を行うには妊娠の可能性を持つ」分割卵が準備されなければなりません。

 

これを達成するために、ロング法という排卵誘発法が世界中で広く用いられています。

 

この方法は、卵巣を強く刺激することによって一度に多くの卵を採取し、最終的に移植可能な卵子を準備しようというものです。

 

体外受精の各ステップでドロップアウトが多くみられるために、最初に多くの卵が必要なのです。

 

つまり、シャーレ内の卵子に多くの精子をふりかけても、受精するかどうかという問題があり、無事に受精しても順調に分割するかどうかは分かりません。

 

更に、分割卵のうち、質の良いものが胚移植となります。

 

10個の卵子を採取できても最終的に移植に適した分割卵になるのは、3割程度というのが一般的な割合です。

 

 

 

こうした流れに対して、全く薬を使用しない自然周期、もしくは経口の排卵誘発剤などの軽い刺激で少数の卵子を採取し、体外受精を行う方法が少しずつ支持を集めてきています。

 

この方法では、少数の卵子で行うので、より高い技術が求められます。

 

これを推進している医師達は、できるだけ卵巣に負荷をかけないで卵子を採取した方が、より質の高い卵子が得られると考えているのです。

 

更に、通常の排卵誘発法で使用されるhMG-hCGの頻用が卵子の質を低下させると主張しています。

 

 

 

hCGを打ち続けて沢山採卵しても、質の良くない卵を沢山作っているだけで、妊娠~出産には質の良い卵がたった1つあればいいという考え方です。

 

 

 

ロング法などでは卵巣に強い負荷をかけるため、その周期の体外受精が不成功に終わった場合、卵巣を休ませるために通常2~3周期のクールダウンが必要です。

 

 

 

一方、自然周期、クロミッド周期の採卵では、経済的事情が許せばですが、繰り返し対外受精にトライすることが可能です。

 

 

F5