胚盤胞移植の問題点

テーマ:

春4

 

胚盤胞移植の最大の問題点は、長期間培養することにより、受精卵が胚盤胞にまで到達せず、移植がキャンセルになる確率が高くなってしまうことです。

 

培養により受精卵が胚盤胞にまで発育する割合は4割程度と考えられており、複数個培養しても胚移植のキャンセル率が20%を超えると言われています。

 

 

 

 

更に杯盤宝飯職には、一卵性双生児の発生が増えるという問題があります。

 

一卵性双生児は二卵性双生児に比べ、分娩などの周産期管理が格段に難しいとされています。

 

なぜなら、一卵性に於いては胎盤を共有していますので、発育不全や胎児仮死といったことが稀ではないからです。

 

 

 

 

胚盤胞移植が開始された時には、このような問題が起こるとは予想されていませんでした。

 

通常の体外受精と比べて、その技術がまだ成熟していないと言えるのかもしれません。

 

 

 

 

良好な初期胚を繰り返し移植しても妊娠に至らない場合、着床障害が原因と考えられます。

 

この場合には、より着床しやすい胚盤胞の方が移植に適していると考えられます。

 

また、卵管性の不妊症、子宮外妊娠の既往のある人、卵管水腫のあるケースなどでも、通常の初期胚移植より半晩報移植の方がより妊娠率が高いと考えられています。

 

 

 

 

胚移植に於いても通常の初期胚移植と同様に、凍結保存も行われますが、回答時に受けるダメージは胚盤胞の方が大きく、移植がキャンセルになることも有ります。

 

 

 

 

胚盤胞移植は、初期胚移植以上に、より高度な技術が要求される医療であり、医療機関による技術の格差は通常の体外受精よりも大きいといえます。

 

更に、胚盤胞移植は、胚盤胞にまで成長して行く過程で受精卵が選択されて行くので、見かけ上の妊娠率がよいだけで、最終的な妊娠率が高いとはいえないという報告もあります。

 

梅4