顕微授精の問題点

テーマ:

12

 

顕微授精は体外受精の一種ですから、体外受精が抱えている問題点はすべて当てはまります。

 

それに加えて顕微授精固有の問題があることも認識しておかなければならないでしょう。

 

 

顕微授精で選抜される精子は、その形態と運動能のみを指標として選ばれますので、もしその精子の遺伝子に問題があった場合、それが子供に受け継がれてしまう確率は高いと思われます。

 

妊娠のメカニズムを考えると、自然妊娠に於いては、女性の体内に放出された億を超える数の精子の間で激しい生存競争があり、その競争を勝ち抜いた1個の精子のみが卵子と受精します。

 

自然の摂理による厳しい淘汰が存在しているのです。顕微授精に於いては、その淘汰のプロセスがすべて省かれていて、人間によってせいぜい数百の精子から選んだ1個の精子を卵子と受精させています。

 

 

最近になって、顕微授精で生まれた子が男の子の場合、男性不妊の形質を受け継ぐ可能性があるのではないかともいわれています。

 

また以前から、乏精子症や無精子症の男性に、遺伝子や染色体の異常が高率に存在するともいわれています。

 

男性不妊が原因の夫婦間での顕微授精では子供に遺伝学的な問題が生じる可能性が自然妊娠に比べて高いことはどうやら間違いなさそうです。

 

 

とはいえ、現状においては重症の乏精子症など男性不妊の治療には、顕微授精が唯一最善の治療法であるわけです。

 

顕微授精を行う際には、このような顕微授精のネガティブな側面を理解しておく必要があります。

 

1