顕微授精

テーマ:

13

 

顕微授精の登場は、男性不妊の多くのケースに妊娠を可能にする革命的変化をもたらしました。

 

 

1992年に初めて行われた卵細胞質内精子注入法(ICSI)は、卵子に細い注射針を刺して細胞質の中に直接1個の精子を注入する方法ですが、それ以前の透明帯と卵細胞膜の間に複数の精子を注入する方法より妊娠率が格段に高かったので、あっという間に世界の標準になってしまいました。

 

現在では顕微授精=ICSIと考えて差し支えありません。

 

 

精液1㏄あたりの精子の数が1千万を切ると人工授精でも妊娠が難しく、100万を切ると体外受精でも妊娠は困難といわれてきました。

 

しかし、ICSIでは、極論すれば1個の健全な精子があれば妊娠が可能となったのです。

 

 

顕微授精は男性不妊に対する治療法として開発されたものですが、現在ではその適応範囲が広がり、女性因子の場合や原因不明不妊にも適用されています。

 

例えば、通常の体外受精を何度行っても、受精・妊娠しない場合や、採卵当日の精子の所見が思わしくなく急遽顕微授精に変更することなどもあります。

 

その結果、高度生殖医療によって生まれてくる子の3人に1人以上が顕微授精によって誕生しているのです。

 

 

顕微授精は無精子症のかなりの割合に対して妊娠を可能にしました。

 

無精子症には全く精子が作られない場合と、造精はあってもその精子が体外に出てこれない場合があります。

 

造精が無ければ第3者から精子の提供を受けなければなりませんが、造精されていれば睾丸(精巣)もしくは精巣上体に泌尿科的なアプローチを行って精子を採取し、顕微授精を行うことが可能です。

 

2