体外受精児第1号

テーマ:

1

 

「試験管ベビー」という言葉でセンセーショナルに報道され、世界に衝撃を与えたルイーズ・ブラウンさんが誕生したのは1978年英国マンチェスター郊外の病院での出来事でした。

 

両側の卵管の完全な通過障害が確認されていた女性の卵巣から卵子を取り出し、ご主人の精子とシャーレの中で受精させた受精卵を再び女性の子宮に戻し、妊娠を待ったのです。

 

 

ルイーズ・ブラウンさんの誕生から5年後の1983年には、日本で体外受精児国内第1号が誕生しました。

 

1990年代に入ると、体外受精などの高度生殖医療が急速に普及して行き、高度生殖医療を行える医療機関の増加が始まりました。

 

現在日本では、約600の医療機関が高度生殖医療を実施しています。体外受精は、もはや特殊な医療ではありません。

 

 

高度生殖医療は身近なものになったとはいえ、妊娠率20%前後という数字のみならず、この医療にはまだ多くの問題点が存在しています。

 

この医療のよい点と悪い点を正しく理解する必要がありますが、まだまだ情報ソースが限られているのが現実です。

 

このブログを通して少しでも有意義な情報をお伝えできればと思っています。

 

11