不妊と加齢

テーマ:

4

 

避妊をせずに通常の性交渉をしながら、2年以上経っても妊娠しない。このような不妊症のカップルは1割を超えていると言われています。

 

不妊症は身近になってきましたが、不妊治療の大きな壁は加齢による妊娠・出産率の低下です。

 

一般に女性の身体が妊娠・出産に適しているのは35才位までといわれています。

 

男性は、女性と比べると加齢による生殖能力の低下は少ないです。

 

この差の理由は、卵子と精子の作られ方の違いにあります。

 

卵子の元になる細胞は女性が胎児だった頃に作られていて、生まれてから成長に伴って減って行き、老化して行きます。

 

精子は精巣で常に新しく作り続けられるものです。

 

女性の場合、加齢によって子宮や卵巣の血行が悪くなったり、至急内膜症や子宮筋腫が多くなったりすることも、不妊の要因となることがあります。

 

体外受精による妊娠率は30%前後とされていますが、40代に限ればおそらく10%に満たないだろうと推定されています。

 

しかし、不妊治療を始める女性の年齢はどんどん上がっているのが現実です。

 

15