m1

 

メディカルツーリズムが

充実したタイですが、

2014年8月に

2つの事件が国内外で

報道されました。

 

 

一つは、

オーストラリア人夫婦が行った代理出産で、

双子の一人がダウン症だったため、

引き取りを拒んだ事件がありました。

 

もう一つは、

日本人男性が、

十数人の子供を異なる女性たちに

代理出産させていた事件でした。

 

 

この2つの事件は、

日本でも大きく報道されましたが、

これを契機に

タイの不妊治療に関する法律は

大きく変わることとなりました。

 

 

現在タイの

病院やクリニックでは、

新法によって

以下の証明書の提出が必要となり、

新たに規制を受ける

不妊治療が規定されました。

 

まず不妊治療を受ける場合、

公的な結婚証明書

(日本人の場合は戸籍謄本)、

パスポート、

身分証明書の

提出が必須となりました。

 

 

次に、

代理出産、

単身者の不妊治療、

営利目的での卵子提供、

男女の産み分け、

精子・卵子・受精卵(胚)の

輸出入などが

禁止となりました。

 

S4