m2

 

人口950万人のスウェーデンでは、

年間17000サイクルの体外受精が

行われています。

 

 

2011年に体外受精で生まれた子供は、

約4000人になり、

そのうち卵子や精子提供で

生まれた子供は約200人になります。

 

 

女性は39歳、男性は54歳までの夫婦かカップルであれば、

「第一子を産むまで」は保険により全費用が賄えます。

 

 

単身女性への不妊治療や代理出産は

法律により許可されていません。

 

 

精子提供による不妊治療は、

男女のカップルだけのためにあり、

単身女性やレズビアン女性は例外となるため、

彼女たちの多くは、

隣国のデンマークに行って不妊治療を受けています。

 

 

一般的にスウェーデンでは、

他国に比べ若いうちから

不妊治療を受ける傾向にあります。

 

 

それは子供の頃からの教育により、

どうすれば妊娠できるのかや

卵子が時と共に老化する事は、

誰もが知っていることだからです。

 

 

したがって卵子提供を必要とする患者は、

それほど多くはありません。

 

 

先進国で働く女性たちが、

40歳を過ぎてから不妊治療を開始するような現実が

この国にはありません。

 

 

どうしても卵子提供が必要で、

しかも急いで治療を受けたい場合は、

私立のクリニックが多数ある

隣国のノルウェーに行って治療を行っています。

 

S1