不妊に悩むカップルが、皆さん共通してつらいと語るのが、

「快楽」である筈の性行為が「強制労働」に変わってしまうことです。

アヤメ1

Aさんは5年前、35才の時に5つ年上の奥様と結婚されました。

 

結婚後2年経っても子供ができませんでしたが、

その頃から奥様が年齢に焦りを感じ、

「子作りの鬼」と化てしまわれたそうです。

 

最初に取り組んだのはタイミング法でした。

 

「はい、今夜です」と言われても、

気分の高揚もなく

義務化した強制労働としての性行為が楽しい筈がありません。

 

仕事の都合などで帰宅が遅くなり、

アルコールが入ったりして予定を消化できないと、

奥様の機嫌が悪くなり

夫婦関係もぎくしゃくしてしまうのは想像に難くありません。

 

このご夫婦は、

妊活を始めて2年足らずで奥様がめでたく妊娠され、

昨年お子さんが誕生しました。

 

ご主人は、

「子どもが生まれた喜びもさることながら、

妻から課せられた強制労働から解放された喜びでいっぱいでした。」

と、述懐されていました。

新緑5