高額な高度生殖医療

テーマ:
不妊治療には、大きく分けて一般不妊治療と高度生殖医療(ART)の2種類があります。

春の花2

一般不妊治療の第1ステップが、最も妊娠しやすい排卵日を予測してセックスするタイミング法です。

それでも妊娠しない場合、精子を直接支給に注入する人工授精のステップへと進みます。

通常は第2ステップまでに2年間ぐらいかける人が多いのですが、アラフォー世代では時間との戦いを意識せざるを得ないため、早目にARTの体外受精や顕微授精へとステップアップして行く例が多くなっています。



ARTの流れは:

卵巣に針を刺して卵を採取し、対外で卵と精子を受精させます。
受精が確認できたら、卵の分割を待って、子宮内に受精卵を戻します。

受精の方法で、シャーレの中で精子をふりかけて自然に受精するのを待つのが体外受精(IVF)です。

その次のステップとして、採取した卵子に細いガラス管で直接精子を注入して受精させる治療を顕微授精とよびます。



治療費の目安を見てみましょう。

体外受精や顕微授精などのARTになると医療機関による差も大きく、
1回20万円位でできる施設もあれば、60万円以上かかるという施設もあります。

中には1回のARTで子どもを授かる幸運な方もいますが、これらのステップを複数回繰り返すケースも多いわけです。

その結果、トータルで100万円以上の治療費を支払ったり、極端な場合には1000万円近い治療費をかける方もいます。

動物2