女性の不妊原因

テーマ:
女性の不妊原因で最も多いのは「排卵因子」です。

「排卵因子」は体質のほか、過度なダイエットやストレス、ホルモン異常、そして、卵巣組織に小さな卵胞(卵の袋)がたくさん発生し、卵巣が腫れて大きくなる「多嚢胞性卵巣症候群」などによって、卵子が排卵されにくい、あるいはまったく排卵されないというものです。

排卵因子のほかにも、卵管が詰まったり、癒着が生じたりすることで、精子と卵子が出会えなくなる「卵管因子」、

子宮の形に異常があったり、筋腫などがあることで胚が子宮に着床しにくい「子宮因子」、

膣から最も近い頸管に異常があり精子が子宮内に入りにくい「頸管因子」など、様々な原因があります。

チューリップ


近年、女性の晩婚化と初産年齢の高齢化に伴って、
子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系疾患が増えていることも、
不妊を招く原因として問題視されています。

子宮内膜症は、本来子宮の内側にあるべき内膜が外側にもできてしまう病気です。

子宮内膜症があると、腹腔内に癒着が起きて卵管を閉塞させてしまい、卵子を取り込めなくなります。

その結果、受精できず不妊症に至るケースが多くなります。

このほか、20~30代の若い女性のがん罹患率で最も高い子宮頸がんや、30代に急増する乳がんも、妊出産の妨げになります。

放射線や抗がん剤による治療期間中は妊娠を控える必要がある上、症状によっては子宮や子宮周りの臓器を摘出しなければならない場合があるからです。

動物8