子どもが欲しいと、
真剣に妊活に取り組んだ
アラフォー世代の女性たちが
そこで初めて直面するのが、
高齢での妊娠・出産の難しさです。

桜3


妊娠は精子と卵子が受精して初めて成り立ちます。

卵子の数は、
実は女性が母親のお腹の中にいる時がピークで、
その後50歳前後の閉経年齢まで減り続けて行くのです。
精子は、毎日新しく作られるのに対して、
卵子は減り続けるのです。

卵子は、
老化するに従って妊娠力は落ちてゆきます。

ある不妊専門誌のデータでは、
19~26歳の女性では自然妊娠の確率が
50%ぐらいあるのに対して、
27~34歳では40%位に、
35~39歳では30%位まで落ちてしまうそうです。

女性が自然妊娠する確率は
20代後半から確実に落ちて行きます。

40歳代での出産例は確かに増加していますし、
妊娠力に個人差もあるのですが、
一般に加齢した卵子では妊娠に結び付く確率は下がります。

この卵子老化についての情報が
まだ十分に浸透していないのは大きな問題です。

妊活を始めて、
初めてこの事実を知り、
もっと若い時から取り組んでいればと
悔やまれる方は多いんですよ。


猫