晩産化

晩婚化に伴い、
当然子供を産む年齢が高齢化する
“晩産化” も着実に進行しています。

桜2


2011年の政府統計では、
第1子出産時の母親の年齢が30.1才と初めて30才を超えました。

生まれた子供の数も105万人強で
調査を始めて以来最少となっています。

特徴的なのは、
34歳以下の女性の出産が減少傾向にあるのに対して、
35才以上のアラフォー世代の出産が増加傾向にあることです。


不妊治療の現場にも高齢化の波は押し寄せています。

不妊治療を行っているクリニックの医師の実感として、
「もともと比較的高齢の患者さんは多かったけれど、
ここ数年で一段と初診年齢が上がっている。」
という声が聞こえてきます。


以前は30代前半だった初診患者の平均年齢が、
最近では38~39歳のアラフォー世代が中心になり、
患者のおよそ半分は40代になっているそうです。


日本産婦人科学会が公開している
不妊治療を受けた患者の全国データでも、
40才代の割合は2009年には34.4%になり、
しかもなお増加傾向にあります。


2006年にプロレスラーでタレントのジャガー横田さんが
45才で妊娠・出産し、大きく報道されました。

その影響で、
「自分でもまだ産めるのでは」
との期待を持つ40才代の初診患者がかなり増えた
という現場の声もあります。

動物1