応援団


少子化は日本の大きな社会問題ですから、不妊は日本の未来を左右する問題です。でも、不妊治療を支援することが少子化の解決に直結するとは限らないでしょう。何故、今、不妊治療を応援しているのかを考えた時、相矛盾するかもしれませんが、不妊治療に頼らざるをえない人を減らすことがより重要なのだとの結論に達しました。不妊治療を応援するというささやかなアクションを通して、より健全な社会作りに貢献することが私たちの目的でなければいけないのだなあと強く感じます。より健全な社会作りを目指して、不妊に悩む方やその予備軍というべき方々に正確な知識の伝達をすることは大変重要です。女性が若くして子供を産める社会作りのためには、保育所の整備、多様な雇用制度の確立、等々に加えてシングルマザーや婚外子を認めることなども真剣に議論すべきではないでしょうか。諸外国の婚外子の比率を見てみると、フランスでは50%を超えており、アメリカは40%に達しているのに対し、日本は僅かに2%で先進国の中では極めて低い現状です。

不妊は個人の問題ではなく現代社会に悲鳴です。新たな不妊患者が生まれない新しい社会システムを構築できるかどうかにこの国の未来が懸かっている気がしますね。