ご訪問ありがとうございます。

 
みんなが動物たちとより心通じ合う世界へ♡Angelapin(アンジェラパン)の大久保恵美(えみぃ)です。
 
 
現在アニマルコミュニケーション&ヒーリング講師として”動物たちとお話する方法”をはじめ、
私がここ10年間で得た「人も動物も笑顔になるとっておきの手法」を
盛りだくさんでお伝えしています。
 
 
また、Earth178のワイヤージュエリー講座の九州代表の認定講師もしております。
 
 

 

 

えみぃの初出版♡愛する子との絆がもっと深まる本

 

※今年いっぱい、本を購入して下さった方全員に

良い気がどんどん舞い込むお家の作り方テキストプレゼントさせていただいております♡

 

(アマゾンのレビューも書いていただけるととっても喜びます♡)

 

 

------------------------------------------------
 
 
 
 
 
ペットを幸せにしたい♡
 
そう思っている人は多いでしょう。
 
 

でもその中で、
 
本来の幸せや
その子に対する福祉の部分に意識を向けている人は
いったい、どのくらいいるでしょうか。
 
 
 
 
 
これまで、数回ブログにもアップしてきましたが、
 
CPDT-KAの斎藤美紀さんのBAW Academy、ベーシックコース、
7カ月間の全8講座を、先日修了しました。
 
 
 
 
 
美紀さんのBAW(Better Animal Welfare)Academyは、
「世界のトレーナーと同レベルの知識と技術、最新の情報」を知ることができる講座で、
 
 
ベーシックでは、
応用行動分析学(ABA)に基づく、建設的なアニマル・トレーニングについて、
系統的に学び、行動という情報をうまく利用して環境と行動を改善する、
建設的なトレーニングを自分がケアする動物に提供できるようになることを目指したコースです。
 
 
 
 
 
 
いかに、自分たちの都合のいいように
犬を操作しようとしていたか、
 
ものすごく考えさせられましたし、
毎回毎回、ほんとうに反省ばかりでした。
 
 
 
おさじちゃん、ごめんね~(>_<)
 
 

反省でいっぱいでしたが、その分、とても多くのことを学びました。
 
特に苦痛の見逃し。
 
またこれは後で書きますね。
 
 
 
 
 
 
人から見て都合の悪い、問題と見える行動を犬がしているという事は、
そうすることでしか伝えられないから、

それまで色んなサインを伝えていたけれど、それではわかってもらえず、
今、その手段しかないからその行動をしているだけ。
 
 
 
 
私もこのブログでいつもお伝えさせていただいていますが、
動物たちがその行動をするのには意味があるのです。
 
 
それをただダメだと教え無理に直しても、
その子がその行動で伝えたかったことは伝わっていないので、
今度は行動を別のものに変えてまた伝えるだけ。
 
吠えていたのが咬むようになったとかね。
 
 
なぜそうするのか、に意識を向けてあげて欲しいのです。
 
何がその子にそうさせているのか。
 
 
 
 

『飼い主が困っている時は、犬はもっと困っている』
 
美紀さんの言葉です。
 
 
いや、ほんとそう!
 
 
 
 
そして、罰を与えずとも、犬に何かを教えることは十分に出来るってことを
強く学びました。
 
 
なのに、なぜ罰を与える方法でやってしまうのか。
 
楽だから。人がね。
あとは、いう事を聞いてもらえると気持ちが良かったりもするから。
 
動物たちはその犠牲になっているだけ。
 
 
 
 
 
 
トレーニングは、
人も動物も双方が楽しんでも出来るものなのです。
 
 
動物に何かを強制させるためのものではなく、
動物に、それをしたいと思ってもらえるように

双方がより快適に過ごせるために
そして、動物たちの生活の質を少しでも上げるためのアニマルケア。
 
 
 
 
 
 
 
 
前にも書きましたが、
私達は、いうことを聞かせる立場ではないのです。
 

すでにたくさんのことを我慢したり、してもらっている動物たちに対いして
私達は、動物にお願いして聞いてもらう立場であるということを忘れないでください。
 
 
こういうことであってもね。
 
 
 
 
 
 
また、人は結果を大事にしがちだけど、
結果は、犬にとっては大事ではなく、
 
犬にとってメリットのないこと、やりたいと思えないことをやってもらうのだから、
そこに対しての感謝(ご褒美)は必要ですよね。
 
いつもね。
 
 

メリットのないことをやってもらうためには、
そのプロセスがどれだけ心地いいかの方が大切。
 

動物たちがどうやったらそれをしたいと思ってくれるか。
 
 
そこを意識して教えれば、ちゃんとやって下さるよ、お犬さんたちは♡
 
 
 
 
 
 
犬はいつも正しい
 
 
動物たちは、今置かれている環境やその状況に
素直に反応しているだけ。
 
 
 
いつも出来ていたことが出来ないのは、
その子にとって今はそれが出来る環境・状況ではないということ。
 
 
あなたも、お家で出来たことも、環境や状況が変わればできなくなること、ありますよね。
 
 
 
その変化が、私達にとってなんでもないこと、気付きにくいことだとしても、
その子にとってはとても大きな変化かもしれないよね。
 
 
それは、自分たちの視点からだけで見ていてもわからないこと。
 
 
 
 
そして、わざとそうする。も、理由があるから、だよね。
 
 
 
 
 
また、一度出来たからと言って、動物がそれを理解したと思わないこと。
 

昨日できたからと言って、今日も出来るでしょと、
出来ることを当たり前だとしないこと。
出来て当然ということを強要しないこと。
 
 
 

あなたにも経験ありますよね、昨日できたのに今日は出来なかったってこと。
 
そして日によっても、調子がいい日、そうでない日、ありますよね。
 
それは、体調によるものだったり、精神的なところからだったり。
 
 
 
人にも、動物にも、
「今日はいい日だった~♡」の日もあれば、
 
「今日は嫌な事あったな~」の日もあるよね。
 
 
 
 
 
 
犬が何かをできなかったとき
犬が悪いと思わずに、犬に責任を押し付けずに、
 
犬に反省させずに、
 
 
なぜできなかったのか、
 
何が影響しているのか、
 
いつもとどこが違うのか、
 
どうしたら犬がやり易くなるか、
 
どうしたら迷わずに出来るようになるか、
 
 

そこに意識を向けてあげること、
犬の苦痛を取り除いてあげること、犬がやり易くなるお手伝いをすることが
私たち教え手のお役目。
 
 
 
 
いつも出来ていたことが出来なかったとき、
まずは、その環境を疑った方が良いということ。
 

そして、環境の中には、自分自身も含まれていることを頭に入れておくことも大事です。
 
 
 
 
 
 
自分が分かりやすく伝えていなかったにもかかわらず、
自分の教える能力が不十分だったにもかかわらず、
理解していない。と、犬のせいする。
 
 
出来ない理由があったのに、そこに気付いてあげずに、犬に反省させる。
 
 
 
本当にそれでいいの?
 
 
 
 
 
 
問題があるのは、人の方、環境の方だと疑った方が良い。とのこと。
 

犬は、起こったことに対して素直に反応しているだけなのです。
 
 
 
 
出来る状態じゃない時にいくら教えても無駄なことだよ。と美紀さん。
 
出来る状態かどうか、出来る環境かどうか、
まずはそこを見てあげようね♡
 
 
 
 
 
 
 
美紀さんがいつもおっしゃること
 
『出来る環境でないのに教えるのは
今溺れている人に泳ぎを教えようとしていることと同じこと。
 
まずは、溺れているのなら救ってあげることが大事。』
 
 
 
 
 
 
そしてこれも動物たちから教えてもらってきた事でもあるけれど、
改めてこの講座でも教わったこと。
 
 
人が上に立たなければならないって、誰が決めたのか。
 
 
 
しつけの本にそう書いてあったから?
 
学校でそう習ったから?
 
トレーナーさんに言われたから?
 
 
 
 
「それ、ちゃんと確かめたの?」って、
 
「本に書いてあったから、学校で習ったから、
教授など肩書きのすごい人が言ってたから、
だからそれがいつも正しいとは限らないよ。」と、美紀さん。
 
 
 
得た情報が、いつ覆るか分からないですよね。
 
そして、それが絶対的だとも言えない。
 
 
 
 

別に人が上に立たなくても、
犬に教えることは十分に出来る。
 
 
こちらがどうして欲しいと思っているのか、伝えることは出来る。
 
 
上に立たなくても、犬にとっての頼れる存在にはなれる
 
 
上に立たなくても信頼関係は築ける。
 
 
 
 
 
それだけでなく、犬にストレスのない形で、
楽しく学んでもらうことが出来る、
 
自分でそれを選んで、してくれるようになる。
 
 
そこに信頼関係があれば、上に立つ必要なんて全くないのです。
 
 

そうであることにしたいのは、そうだと人が気持ちがいいから。ただそれだけ。
 
自分のいう事を聞いてもらえると、自分が優位に立てると
気持ちがいいから、気分がいいから。
 

それで、犬は幸せかな?
 
 
 
 
 
 
 
そしてこれも以前も書きましたが、
 
『常に、自分の目はふし穴だと思った方がいい。』と美紀さん。

 
自分はその子のことをよく分かっていると思っている人ほど、分かった気でいるだけ。
 
犬について詳しい、犬についてよく知っていると思っている人ほど、疑った方が良い。と
美紀さんはおっしゃいます。
 
 
 
 
 
 
 
種によっての違いもあれば、個々の違いもあれば、
 
その個々もまた、
「怖がり」と決めつけているけれど実際は、「○○が怖い」があるだけで、
色んなものに怖いわけではなかったり、
状況によってはその○○も怖くなかったり、
 
「強がり」「攻撃的」も、
決めつけてしまえば、その行動の意味、そこに在る苦痛を見逃してしまう。
 
 
 
レッテル(ラベル)を貼らないで。 決めつけないで。
 
その思い込みや決めつけは、その子の苦痛やサインに気付きにくくなってしまいます。
 
 
 
 
 
 
苦痛から解放してあげること、苦痛を取り除いてあげること。
 
お家の動物たちへの福祉
 
 
苦痛もほんといろいろあります。
 
 
 
罰だけが苦痛ではなく、

どうしたらいいか分からない状況も苦痛。
 
同じような時間が続くことも、苦痛。
 
 
 

「どうしたらいいか分からない苦痛」、
わたしも知らず知らずに内に、おさじちゃんに与えていたことです。
 
 
超反省した!
 
でも、まだまだ気付けてないところきっとある!
 
 
 
 
 
 

いかに私たち人間が無駄なこと、余計なことをしているか、
 
分かりにくくしているか、
 
動物たちからのサインを無視しているか、
 
この美紀さんの講座を受講すると、すごくよくわかります。
 
 
 
 
 

本当にその言葉に反応しているのか、まず確認してみることも大事。
 

その姿勢に、仕草に、反応していることかもしれない。

なのに、違う状況で出来なかったときに、それを怒ることは、
人の身勝手。
 
 
 
 
例えばお座り
 
お座りとという言葉ではなく、
飼い主さんの手の位置や姿勢=お尻を床に付けること
 
もしくは、
お座りという言葉+手の位置や姿勢=お尻を床に付けること
と覚えているのに、
 
 
「勝手に」お座りという言葉で覚えていると思い込んでいて
その言葉でお座りが出来なかったら、犬が間違った。ことにする。

人って、本当に身勝手ですね。^^;
 
 
 
 
 
あなた自身がどんな風に教えているのか、
どんな環境の中で教えているのか、
 
一度確認してみよう(*^-^*)
 
 
 
 
 

私達の生活の中に入ってくれている時点で、
色んな選択肢を奪われている動物たち。
 

今の時点で私たちに優位であることを忘れてはいけないね。
 
 
 
 
だからこそ、少しでも心地よく幸せに過ごしてもらうために
こちらからのお願いは、強制させるのではなく
 
犬が自分からやりたいと思ってくれるように
私達がサポートしていくこと。
 
 
 
 
好き勝手させることが犬に優しいのではなく、
 
分かりやすく伝える・教える、
やりたいと思ってもらえるようにする、楽しく学んでもらことが、
犬に優しくできるという事。
 
 
 
 
それを、甘やかしと思ったり、 頑張っていないと言うのは、
ちゃんとその子の行動や置かれている環境を見てあげれていないから。
 
 
その子が普段からしてくれていること、その時にしてくれていることに
目を向けてあげれていないから。
 
 
 
 
 
 
 
そして、犬に選択肢を与えてあげる。のも大事。
 
その制限された生活の中で選ぶ自由を与えてあげること。
それが私たちにしてあげられるひとつの愛の形。
 
 
長くなったので、
これに関してはまた別にアップしますね。
 
 
 

BAW Academy 修了して、こうやって感想を書いたけど、

7カ月はあっという間で、まだまだ学びたい!と同時に、
まだまだ頭がいっぱいなので、
少しずつ復習しながら落とし込んでいきたいと思います。
 
 
 
 
BAWで学んだことも分かち愛ながら、
いつもの私、アニマルコミュニケーターとしてのえみぃから伝えたいことを
これからも届けていこうと思います♡
 
 
来年の動物さんとのお話会を、そろそろ決めようかな~(*^-^*)
 
 
 
 
 
 
最後に、
これもいつも言っていることですが、
完璧な飼い主さんになろうと思わなくてもいい♡
 
 
あなたが、今この子に何が出来るかな?
これならできるかな。を、少しずつ日々の中に取り入れてあげて欲しいのです(*^-^*)
 
 

 

私たちよりも時間の流れが早い動物さんたち。

その子との1日1日を大切に♡

 

 

 

その子に、

『この家で過ごせて幸せだった~♡』と、最期に言ってもらえるように♡

 
 
 
 
 
美紀さん、
そして主催して下さったアニマルリレーションシップdeuxの松島さん、田畑さん、
ご一緒して下さった皆さま、本当にありがとうございました。
 
ここでの学びはとても大きいです。
 
心から感謝致します*・。
 
 
 
松島さん、田畑さん、プレゼントもありがとうございました(*''▽'')
 
 
 
 
 
 
 
個人レッスンへと変更になりました(*''▽'')
 
楽しく真剣に、そして愛を持ってお伝えさせていただきます♡
 
 
 
 
こっちも読んでね♪
 
 
 
 
 
 

ひとり、一匹の笑顔が

 

生きとし生けるもの、地球全体の笑顔へと繋がっていきますように*・。

 

今日も愛しています♡

 

 

 

 
 
 
◇お知らせ◇

 
 
 
 

 

 

 

◇12月18日(月)内なる羅針盤*ペンデュラム講座

残り3名様 割引可能なオーダーペンデュラムのお申し込みは今月いっぱいまで

 

 

 

 

2018年1月28日(日) 出版一周年感謝企画♡動物さんとのお話会 in 大阪

大阪での初セミナー♪お会いできるのを楽しみにしております♡

 

 

 

 

~レッスン・セッションご予約可能日~

11月は、すべて埋まりました。

12月は開示しませんので、ご希望の方は、第3希望までお知らせください。

 

 

 

 

 

 

 

えみぃの初出版♡愛する子との絆がもっと深まる本

 

 

Angelapin(アンジェラパン)ホームページ
bnr-angelapinへ


 

一縷光(いちるこう)ショップ