月曜日に阪急うめだの展示会のための

小さな原画4点を渡してホッと一息。

 

かねてから行きたいと思っていた『あしたのジョー展』に行きました。

 

最寄駅が芦花公園??

今まで一度も行ったことない場所です。

 

芦花公園駅で降りてびっくり、ポケストップもジムも無い!

 

 

駅から世田谷文学館に行く道すがら

『ゆ〜け〜荒野を……』と力石徹のテーマが心で鳴ってしまいました。

 

 

会場は意外にも新しくて綺麗な建物。

 

 

入口にはちば先生の直筆メッセージ。

 

 

エントランスホールにディスプレイされた表紙の数々の中、目をひいた一枚。

力石が死んだ時のジョーはまだこんなにもあどけなかったんだ……

 

 

展示は原作者と漫画家のバトルを辿るように並んでいます。

 

 

当時原稿はかなり雑に扱われていたのかなと思わせる注意書き。

 

 

少女漫画を描かれていたこともあるちば先生は

構造を正しく理解した理知的なフリルを描かれていました。

ちょっと参考にしたものです。

 

当時から白木葉子のお嬢さまのキャラ立てに欠かせない

品の良い高級そうなファッションは印象に残っていました。

 

 

眼福ドキドキ

 

あしたのジョー展は今月3/31までです。

 

ゆっくり会場を回ると結構な時間が経っていました。

2つ目の展覧会を回る事は諦めて、徳冨蘆花の家と庭を保存した蘆花恒春園まで足を延ばす事にしました。

 

芦花公園駅だから近いかと思ったのに結構遠い。

 

 

桜も咲いているところはあるようですが、そこには辿り着けず美しい古民家やその周りの竹林を眺めて公園を出ました。

 

 

出たところの道沿いの桜は満開。

今年も花見が出来ました桜